頭金以外にかかる費用  

よく聞く話ですが、どうでしょう?
みずほ銀行の住宅ローンを組むときに頭金以外にかかる費用があります。まず保証料です。これには2通りあります。(1)保証料一部前払方式(融資時に一括して保証料を前払します。金額は100万円の場合は5年なら4,580円、35年なら20,611円です)(2)保証料を前払しない方式です。このほかに支払う契約者の万が一の場合に備える団体信用保険、建物の長期火災保険をかける火災保険の掛金が必要です。
みずほ銀行で住宅ローンを組む場合に注意したいのは、まず頭金がどの程度用意できるのかです。また、自分のライフプランを照らし合わせながらローンをどの程度の期間で返済していくのか。そして毎月の返済可能額を算出してシュミレーションをしてみることが必要です。みずほ銀行のホームページに行くと、ローンの返済シュミレーションができますので、自分のライフプランをシミュレーションしながら検討しましょう。昔から頭金は年収の3倍以内といわれていますが、そうした金額をもとにシュミレーションをしてみるのも悪くはありません。みずほ銀行の住宅ローンで長期間固定金利で、しかも保証料が不要なローンがあります。それは長期固定金利住宅ローン「フラット35」(機構買取型)です。この特徴はローンの返済は市中金利に影響されず、支払が終了するまで金利が固定されるというものです。「フラット35」は住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携してできた新しいスキームです。特徴は住宅の断熱・耐久性などについて独自の技術基準を定め、物件検査を受け、併せて新築住宅では、建築基準法に基づく検査済証が交付されていることを確認しています。これらにより、住宅の質の確保を図っています。
住宅ローンは条件が良い他の金融機関があれば、そこに借り替えることも可能です。みずほ銀行では50万円以上1億円以内(1万円単位)、返済期間は1年以上35年以内(1年単位)、変動金利方式、上限金利設定方式、固定金利選択方式のいずれかを選択、安定した収入のある方、現在返済中の住宅ローン(公的機関、勤務先からの借入れを含む)に延滞等のない方、保証会社の保証を受けられる方など様々な条件がありますが、これ以外にも手数料がかかったりしますので、トータルで見た場合、現状維持がいいのか借換をしたほうがい住宅ローンの返済方法には毎月元利均等返済、元金均等払いがあります。毎月元利均等返済は全期間の元金と金利を合算して全期間月数で割った金額。全期を通して金額が同じになる。元金均等払いは元金を均等に払い続けるものです。従って最初の返済は金額的に大きいです。しかし、年月が過ぎるほど現金が減っていくので徐々に毎月の返済額も減っていきます。また全期間で返済総額を比べると、元金均等払いの方が少なくて済みます。
住宅ローンは返済が長期にわたります。未来には予想もつかないことも起きます。そういった危険を防止するのが保険です。例えばみずほ銀行で用意している保険に「ローン返済支援保険」というものがあります。これは勤務先が倒産して失業した場合や、自分が病気や怪我になった場合にローンの返済をサポートしてくれるものです。この保険はオプションですが、ローンを組む場合に検討の余地があると思います。また、一般の保険と同じように疾病に対する特約がついているものもあります。
いいですよね〜これって。
参考になりますよね。
どうでしょうか。
0

(無題)  

この前知り合いから聞いたんですが、
みずほ銀行の住宅ローンに関係するものは5種類あります。通常の住宅ローン、借換ローン、買換えローン、みずほ住宅ローン(超長期固定金利型)、長期固定金利住宅ローン「フラット35」(機構買取型)などがあります。いずれも借りられる資格は満20歳以上71歳未満で、返済終了時に80未満の人なります。金利も変動金利、上限金利、固定金利があり、いずれかを選択する必要があります。また途中で以上の金利を変更することも可能ですが、その際、手数料がかかります。
みずほ銀行の住宅ローンを金利面で見ると、いくつかのパターンがあります。まず変動金利ですが、年2回、3月1日、9月1日のプライムレートを基準に4月1日、10月1日の金利で決定します。上限金利ですが、上限金利期間5年または10年の間で、設定された金利幅の間で変動します。最後に固定金利ですが、期間が2、3、、5、7、10、15、20年からそれぞれの金利を選択します。また金利の切り替えには手数料がかかります。
みずほ銀行の住宅ローンでは現在、優遇金利を行っています。一例をあげると、2年固定が1.9%(店頭基準金利3%)、3年固定が1.925%(同3.25%)、最長35年優遇金利(同0.7%優遇)、全期間固定プランだと15年固定が2.8%(同4.4%)、20年固定だと3.05%(同4.6%)の優遇となります。特に長期にわたる返済、また返済金額が大きいものに関してはこの金利差は無視できません。また以上の金利はいずれも年利です。
みずほ銀行の住宅ローンの金利を考える場合、返済期間、毎回の返済額、自分の生涯プランとの兼ね合いを考える必要があります。そこでみずほ銀行では固定金利方式である一定期間返済し、次に変動金利を選ぶなど、完済までの期間内に返済パターンを変えることができます。これなどはその時の金利情勢を考えながら安ければ固定金利を選び、プライムレートが安定して銀行の固定金利より安くなるようなら変動金利を選択するなどの柔軟性があります。しかし、金利のコースを選ぶのは金利の趨勢を見ながらですので、素人には難しいかもしれません。みずほ銀行の住宅ローンは返済期間が長くなると金利も変化します。特に返済期間が21年を超えるようになると超長期固定金利型と言われるものになり、新規借入と借換えいずれも21年超25年で3.11%、26年から30年が3.22%、31年から35年が3.30%となります(以上は2007年6月現在)。また、21年以上になると申込者の条件も満60歳未満、安定した収入が見込めるもの、団体生命保険に加入が認められるもの、保証会社から保証されるもの、など一般の住宅ローンより資格が厳しくなります。
これ以外にとりあえず今は住宅を手に入れて、将来はもっと広くて新しい家を持ちたい場合、買い替えローンがあります。これは現在の家の価値が当初の購入時より下がり、なおかつローン残高がある場合でも、新規物件を購入できるものです。これは現在の家の当初の価値プラスローンの残債までの金額の住宅が購入できることになります。多くの場合、現在の家の価額より高額な金額になるようです。
結構いいと思いませんか?
海外保険つき無料クレジット
0




AutoPage最新お知らせ