住宅ローンを組むこと

2013/4/6 
こんな記事もありましたよ〜
さて以上のように銀行から住宅ローンを借りる場合、特にほとんどの人が当てはまる超長期(20年以上の返済期間)の場合は、無理の無い返済金額、期間を選択する必要があります。特に20年先のことなどだれにもわかりません。また、一戸建て住宅を購入するのか、マンションか、賃貸で済ませするのか、そういった根本的なところから見直す作業も必要です。
さて、住宅ローンを組むことを考えることは自分と家族の将来像を描くことでもあります。また自分のこれから先何十年もの間、住宅ローンを返済していくために働くような人生の人も出てくるかもしれません。そうした人生がいいのか、それともローンに縛られるのはいやなので別の道を探す、という人もいるでしょう。いずれにしてもローンの様々条件を検討する前に、自分の人生や家族との人生をもう一度見直すことは大変大事なことでしょう。住宅ローンを組むと言うことは自分と家族の一生を設計するのと同じです。長年月にわたってある程度の金額を定期的に支払い続けることを意味します。もし途中で返済が滞ってしまったら、その時点で危機的な状況になります。そうした意味ではひとつの賭けかもしれません。さらに現状の雇用環境も芳しくない状況では賭けの要素はさらに強くなっているのかもしれません。住宅をローンで購入するのがベストかっどうか慎重に検討すべきでしょう。
住宅を購入するのは普通は一生に一回のことです。しかも返済は長期にわたります。ローンを組むときには団体生命保険、火災保険は必ず加入を求められます。こうしたことを考えると、ローンを組む前に加入していた生命保険もこの際に見直しが必要になります。ある意味、一家の家計の再構成が必要になる時期だと思います。こうしたチャンスをとらえて無駄な出費と、必要な出費のシュミレーションが必要になってきます。こうした場合、たとえばファイナンシャルプランナーに相談するのもいいでしょう。住宅を購入するときに考えるのは毎月のローンの額です。それはそれで大事ですが、実際は建物は長年の風雨で傷みます。そのためメンテナンス費用はどうしても必要です。この費用を前もって考えておかないといざというときに困ります。あるいは購入するときにメンテがいらないような工法で立てられた家を探す必要があります。メンテで一番多いのは壁の塗り替えです。次に水周り、内装(壁紙、ふすま、障子など)です。さらにメンテではありませんが、家具の交換などがあります。こうして考えると費用は前もって計画しておかないといけないことがわかります。住宅ローンを組む場合、どの金融機関で組むか、これは慎重に検討する必要があります。みずほ銀行の住宅ローンはそのうちの一つの選択肢です。住宅ローンの比較サイトなどで見ると、みずほ銀行の金利は安い方の部類には入りません。調べた限りではオリックスが低いようです。ただこれは金利面だけを取り出して比較しただけなので、それ以外の条件、例えば変動金利から固定金利へと変更はできるのか、とか、繰上げ返済は可能かとか、様々な条件を比較検討しましょう。金利だけで選ぶと。それ以外の条件が良く無かったりで、失敗する可能性もありま
ちょっとびっくりだよね。
海外向けクレジットカードの即日発効
0


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ