看護師の意地は良いか悪いか  気持ちの持ち方

看護師は、患者さんへの気遣いを忘れてはいけません。
少しくらい嫌な気持ちになったとしても、優しく接するようにしなければなりません。

看護師の態度によって患者さんにストレスがかかり、回復を遅らせてしまうようなことがあってはいけないのです。
「白衣の天使」という言葉が看護師のイメージをつくってしまったところもあり、普段の生活までそのイメージ通りの生活をしている人がいないとは限りません。

とはいっても、看護師の何気ない一言が気づかないうちに、患者さんを傷つけているということもあります。
自分の患者さんへの接し方がどうであったがというように、常に反省しながら接している看護師もいるのです。

中には、患者さんに対して意地が悪いととられるような言動をする人もいます。
しかしながらこれは、必ずしも嫌がらせであるというわけではありません。

患者さんや家族の方にとって本当に良いことであるのかどうかを考えてほしいといった理由から、あえて厳しく言っているという人もいるのです。
患者さんから嫌われるほどに厳しく言う人もいることで、チーム医療として考えるとちょうど良いバランスであるということもできます。
0

ママさん看護師の復職を助ける取り組み  ママさん看護師の復職

近年、慢性的に看護師不足が問題視されていますが、復職を求める動きも非常に活性化されつつあります。
しかし結婚を機に看護師を辞め、出産後、復帰を望む声も多いことは確かですが、そのママさん看護師は復帰できるのでしょうか。

実際のところ、やはり現場は大変とのことです。
子育てが落ち着いて、数年現場を離れただけとはいえ、やはり子育てのブランクは大きく心理的に影響するとのことです。

やはり、隣の芝生は良く見えるではないですが、職場は外からみるのと内からみるのでは大違いといいます。
ただでさえ、医療現場では、新人・ベテラン・ブランクは患者にとっては関係ないものです。

だからこそ、復職・転職するときは、下調べは十分にすることは大切ですし、自分の希望をきちんとまとめて面接時に必ず伝えておくことがとても大切になります。
病院内託児所だけでは不十分!ママさん看護師のための復職・転職ガイド」という情報サイトも参考にすると良いでしょう。

情報は、とにかく多く集めることが、復職成功への第一歩かもしれません。
0




AutoPage最新お知らせ