2013/6/11

和歌山県みなべ町やJAみなべいなみ、町内の  

 和歌山県みなべ町やJAみなべいなみ、町内の梅生産者、加工業者らでつくる「南部郷梅対策協議会」(会長=小谷芳正町長)が大学などと連携し、夏バテ予防や疲労回復、肥満予防をテーマに梅の効能を調べる研究に取り組んでいる。県立医大(和歌山市)と筑波大学(茨城県)、和歌山工業高等専門学校(御坊市)に研究を委託しており、9日に同町芝の町役場で開かれた2013年度の総会で事務局が事業経過を報告した。ミュウミュウ 新作 バッグ

 協議会事務局を務める町うめ課の担当者が12年度の事業報告を行い、昨年から梅の効能研究を県立医大と筑波大学、和高専に委託して行っていることを説明した。

 取り組みは、県が事業費を補助する「果樹産地再生緊急対策事業」に採択されており、12、13年度の2年間で実施。エルメス アウトレット事業費は12年度が約600万円、13年度は約650万円という。

 内容は県立医大が梅と熱中症・夏バテ予防をテーマに、筑波大学がスポーツの疲労回復との関係、和高専はメタボリック症候群など肥満予防についての研究に取り組んでおり、町うめ課の林秀行課長が「消費拡大については梅の機能性のアピール力が大きいので、頑張っていきたい」と説明。ipad2 ケース小谷町長も「研究の結果については、まとめて皆さんに報告したい」と述べた。

 梅の効能をめぐってはこの他、委員から「皆で組んでトクホ(特定保健用食品)の許可を受けるということはできないか」といった提案も出た。ボッテガ・ヴェネタバッグ 2013

■専門部会の設置決める ケシキスイ対策で

 南部郷梅対策協議会は9日の総会で、熟して落果した梅の実に混入することがある「ケシキスイ」の幼虫について「ケシキスイ対策部会」を設置することを決めた。「強力に対策を進めてほしい」という委員の提案を受けたもので、部会長は同協議会の会長である小谷芳正町長が兼ねる。ルイヴィトン バッグ 新16日に初会合を開く予定。

 町うめ課によると、ケシキスイ対策としては現在、収穫した実を30分ほど水に漬けて虫を取り除いたり、目視でチェックしたりという作業が行われているという。グッチ iPhone ケース

 この日の総会では2013年度の事業計画案に「ケシキスイ対策の推進」を盛り込むことが提案されたが、委員が「この1、2年、ケシキスイに関するクレームが多い。どれだけ売っても1回出れば買ってくれなくなる」などと危機感を示し、強力に対策を進めるために協議会の専門部会として「ケシキスイ対策部会」を設置することを求めた。バレンシアガ バッグ 人気

 他の委員からも「見落とさないよう照明を明るくするなど、検査方法を考える必要があるのでは」「水に漬ける作業を徹底する必要がある」といった意見があり、より良い検査方法や生産者と加工業者の情報交換、啓発活動などに取り組む専門部会をつくることでまとまった。梅ラボこと梅沢和木の回顧展が、6月30日まで東京・馬喰町のCASHIで開催されている。ティファニー キーリング

【もっと作品を見る】

梅沢は、デジタルとアナログを混在させるブリコラージュ的な作風で知られる美術家。様々な画像やデータをコピー&ペーストし、インクジェットや特殊印刷技術によってプリントアウトしたものにさらに筆を加える手法を駆使することで、写真や文字、アイコンなどが複雑に組み合わされた作品を制作。バレンシアガバッグまた、数々の個展やグループ展、アートフェアへの参加などに加え、近年はアートディレクションやプロデュースにも携わっている。

同展では東京では未発表の作品も含めて、梅沢の近作を紹介する。サングラス 偏光梅沢の近年の活動を知る絶好の機会になるだろう。
0

2013/6/11

トップ>海外>中国 第20回天津投資貿易商談会が閉幕クリップする  

トップ>海外>中国
第20回天津投資貿易商談会が閉幕クリップする
済龍 China Press 2013/5/15 17:52
 2013年5月14日、天津市の梅江会展中心で10日から開催されていた、第20回天津投資貿易商談会及び第9回PECC博覧会が閉幕した。

 報告によると、今回商談会の来場者数は40万人(回)に達した。ティファニー tiffany カフスボタン
 開催期間中の契約総額は、中国国内企業による契約が1509億元(約2兆5139億円)。海外企業との契約は51億6700万ドル(約5290億円)に達したのこと。ヴィトン 財布 偽物
 今回商談会には、中国国海外から約9000社が参加していた。和歌山県みなべ町の青年農業者でつくる「みなべ梅郷クラブ」(柏木研哉会長、21人)が、剪定(せんてい)した梅の枝で作った堆肥を使い農作物を育てる取り組みを始めた。ipad2 ケースメンバー11人が15日、耕作放棄地となっていた同町西本庄の畑にサツマイモの苗を植えた。ここで栽培した農作物は地域の子どもに収穫してもらう予定で、関係者は「剪定枝を堆肥化して有効利用する技術の普及にもつながれば」と話している。ケース コピー


 事務局の日高振興局農業振興課によると、剪定した枝は現在、ほとんどがごみとして処分されているが、県うめ研究所(同町東本庄)が「良質な有機物資源」として堆肥化する技術を開発した。剪定した枝を機械で砕いてチップにし、野外で発酵鶏ふんと混ぜ合わせるなどした後、8カ月ほど寝かせることで堆肥化。サングラス 通販少ない労力で行えるのが特徴という。

 みなべ梅郷クラブでは昨年度、皆で持ち寄った約350キロの枝と約60キロの鶏ふんを使い、約300キロの堆肥を作った。スーパーコピーエルメス財布ことしからは「循環型農業を実践し、耕作放棄地の解消や食育活動にもつなげたい」などとして、実際に畑で農業に取り組むことになった。

 上南部保育所近くにある耕作放棄地約17アールを地域住民から年末まで借りており、肥料を入れて畝を作るなどして準備を進めていた。登山用サングラス

 この日は皆で協力し、サツマイモの苗約1500本を植えた。今後、トウモロコシなども植えて、秋には保育園児らを招いて収穫を体験してもらうことや一部は販売することも検討しているという。サングラス ポリス

 柏木会長は「剪定枝は多く出るが、使われずごみになるのはもったいない。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ