2012/12/19

はと胸とはについて紹介  

親じは僕のほうを向いて云った。
「それどころか、僕たちは、こいつに出来るだけの辛抱をして来たと思っていますよ」
 僕は答えたんだ。すると、
「おう、うぬ ぬかしやがったな」
 と彼は唸るように云った。
「野郎、よくもぬかしやがったな。覚えていろ!」
 彼は足を引きずりながら部屋から出ていった。そしてそれから三十分の後、僕たちの家から出ていってしまった。気の毒なほど神経を病んでいる親じを後に残したまま。――それから毎晩毎晩、親じは自分の部屋の中を歩き廻っている足音を僕は耳にした。それはいよいよ打撃がやって来ると云うことを自覚したかのようだった」
「それからどうしたね?」
0

2012/11/25

(無題)  

彼によれば仮説とは経験へ根柢を与えることだ。認識はこの根柢から生産される。この生産点が、所謂極限や微分と呼ばれる所のものだという。



技術 【英】【仏】technique【独】Technik

 【意義】  技法・手法と呼ぶべき場合もあり、技能と呼ぶべき場合もあり、又技術学又は工学・工芸・工芸学と呼ぶべき場合もある。併し此等のものは夫々区別されねばならぬ。
 (一) 技術と技法 最も本来的な意味に於ける技術は技法又は手法から区別される。技術とは本来、物質的生産の技術のことであり、一般に非生産的な技術又は観念生産の技術(例えば創作技術)たる単なる技法や手法は、この技術の観念のアナロジー・拡大・応用・其他と見られねばならぬ。
 (二) 技術と技能 この物質的生産の技術は、物質的生産の技能と其他の技術部分とを含んでいる。元来物質的生産は物質的生産力によって営まれるのであるが、この生産力には人的要因たる労働力と物的要因たる労働要具の体系とが含まれる。所でこの労働力の一つの資格が技能であり、この労働要具(機械・道具)の体系が其他の技術部分である。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ