2011/3/12 | 投稿者: masp1027



◆ニオイを抑える天然入浴法


身も心も癒すだけでなく、
二オイ予防・解消にも効くお茶や薬草風呂を紹介しましょう。


●漢方茶風呂


草花木果トライアルセット


中国で古来から行われている入浴法です。


脱臭効果のあるフラボノイドと、
脂肪分解酵素がたっぷり含まれている雲南茶を適量入れて入浴します。


とくに脂性の人におすすめです。


ただし、浴槽に茶渋がつきやすいので、
入浴後の浴槽は早めにきちんと洗いましょう。


●笹風呂


西日本の一部では、今も残っている入浴法です。


熊笹には殺菌・防腐作用のある葉緑素や多糖類が含まれており、
これらが汗の二オイを軽減してくれます。


●マコモ風呂


マコモは、川や沼に群生するイネ科植物で、
これを加工し微生物を含んだ粉末が市販されています。


草花木果☆どくだみスキンケア


お風呂にこの粉末を入れると、
微生物が汗やアカなどの腐敗物質や、
体臭の元となる雑菌、老廃物を食べて分解してくれます。


体臭予防となる上、清潔で健康な皮膚を保つことができます。


また、マコモは汚れを分解して水を浄化する効果もあり、
何度沸かし直しをしても、含まれた微生物は死滅しません。


●酵素風呂


入浴には、汗腺や皮脂腺にたまった汚れや皮脂を浮き出させ
除去する効果があります。


酵素風呂には、体の脂肪分やホコリを分解して
清潔に保つ働きがあるので、
入浴効果をさらに高めてくれます。


また、血液の循環を促進するので、新陳代謝もよくなります。


とくに、米ヌカの酵素風呂には、
肌にうるおいを与えてなめらかにする効果もあります。


◆お酢の殺菌力でニオイを撃退する入浴法


血液の循環が悪かったり、
栄養のバランスが崩れたりすると、
体内に疲労物質の乳酸が増えます。


草花木果☆緑茶スキンケア


乳酸が増えると、体内環境は酸性に傾き、
汗腺でアンモニアが生成されて、
汗のこオイが強くなります。


そこでおすすめしたいのが、
汗のこオイ防止策として、コップ1杯の酢を入れたお風呂です。


酢に含まれるクエン酸には殺菌作用があり、
皮膚を弱酸性に保って雑菌の繁殖を防ぎます。


さらに、クエン酸が汗腺に吸収されると
アンモニアと乳酸の生成が抑えられるので
、汗の二オイを解消できるのです。


酢にはまた、発汗を促す成分が含まれているため、
酢入りのお風呂に入っていると、
汗腺から成分が吸収されて血行がよくなり、
汗腺機能の回復を助けてくれます。


気になる酢の二オイも、
入浴後にシャワーで洗い流せばだいじょうぶです。


竹酢液や木酢液ならば、
食用酢以上の効果が期待できるでしょう。


竹酢液は竹炭を、
木酢液は木炭を作るときに抽出されるエキスです。


草花木果☆よもぎスキンケア


アトピー性皮膚炎などの治療にも使われており、
最近は、薬局だけでなく、
スーパーやデパートなどでも手に入るようになりました。


もちろん、食用酢を口から摂取するのも、
加齢臭の軽減をはじめ二オイ予防に効果があります。



0

2011/2/12 | 投稿者: masp1027



自信の大きさは成功の大きさに比例します。


もし自信があれば、
思い切って成功の流れに身を委ねられるでしょう。


でも自信がなければ、
「コントロール」を行使してしまうのです。


成功の流れに気づいても、
その流れに身を委ねる自信が持てないと、
私たちは自分自身や他人、
あるいは物事の展開をコントロールしようとしてしまいます。


コミックシーモア


「自分自身や他者をコントロールするための手段」として、
問題を利用するようになってしまうのです。


もし自信があれば、
「何が起きても自分で対処できる」
と気づくことができます。


問題も「対処可能なもの」として見なせるようになります。


自信とは、
私たちをどんどん前へ押し進めてくれるものにほかなりません。


自信によって、
私たちは意識を高く保ち続けることができます。


「自分はどんなことにも対処し、前進し続けられる」
と信じるようになるのです。


そして同じくらい真剣に、
自分自身を信じるようになるのです。


ほとんどの場合、
私たちは「自分には自信がない」と考えているものです。



シャークスチームポータブル
0




AutoPage最新お知らせ