2018/5/15  10:39

5月14日の稽古  活動報告

暑い
日中に外を歩いたら、汗がダラダラ。
これが梅雨に入り、梅雨があけたら、もっともっと恐ろしいことになる。
まだまだ良い季節。

昨日の日曜日に比べると、人数がすごーくさみしい。
昨日は総会だったので、皆さん、無理を押しても来てくださったのでしょうか。
そんな中、見知らぬ男性が・・・・
ヤスシ先生が紹介してくれました。
アリコさんのお知り合いでかねてからお話を聞いていた、ドイツの青年でした。
彼のお父様はヤスシ先生とみどこの大学の後輩です。
私はその時いなかったのですが、もうだいぶ前に一度、お父様と二人で水月の稽古に来てくださっています。

雑巾掛けで、号令をかけるタケルが張り切り過ぎて道具入れのドアに激突してしまいました。
雑巾掛けの時は、下ではなく前をしっかり見てやってくださいね。

今日の基本は、シモ先生。
先生の大きな声で、みんなも気合が入ります。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
逆手・逆足の素振りはとっても気持ち悪い。
剣道は左右対称の動きではないので、先生方は体のバランスが悪くなることを心配して、このような稽古を取り入れてくださっています。
また、左上段を取る場合の稽古にもなります。

子供たち、打ち込み稽古でもとても気合が入っていました。
「ドイツのお兄さん」の打ちが素晴らしいので、模範の打ち込みをやってもらいました。
子供たち、それを見て益々良い打ち込みをしました。
アリコさんの息子が彼にあこがれて剣道を始めた、というのが良く分かります。
彼の名前は「コザキ」
このサキという漢字から、ウサミ先生の国語の授業がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

面付け稽古が始まるころには、大人の方も揃って、体育館がいっぱいになりました。
ウサミ先生は、バスがなくなるからと、残念そうにお帰りになりました。
小学生の面付けの列の中に何気に中学生が一人。
古巣から巣立ちができないのか?いつも小学生の稽古のそばでウロウロ。
今日は、アオクニとヒビキの二人に元立ちに立ってもらいました。
う〜ん、何か上手くいかない。
これは、私の反省。
子供たちがもっと気合を入れて、集中して出来るようにやり方を考えなければ・・・

第2道場の和田屋にも「ドイツのお兄さん」が来てくれました。
23歳というのに、とてもしっかりしていて、礼儀正しく、知識も広く、さわやかな青年。
ドイツではナショナルチームにも選抜されているそうです。
みどこは今月28日からドイツのヴィースバーデン合宿に行きますが、そのそばのフランクフルトに住んでいるそう。でも、強化練習のため合宿には参加できないそうです。
剣道でつながる世界は狭いですね。
クリックすると元のサイズで表示します
ドイツのおみやげ
クリックすると元のサイズで表示します
ご本人の許可を受けて写真を載せました。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ