2011/9/14

女性に比べて、ランチ後に歯磨きをする男性ってまだまだ少ない  健康

女性に比べて、ランチ後に歯磨きをする男性ってまだまだ少ないですよね。女性は、虫歯や口臭予防はもちろん、相手を不快にさせない最低限のエチケットとして歯磨きしていますが、男性はその意識が足りないようです。更に女性は、笑顔を素敵にしてくれる白い歯の大切さをモデルや女優から学び、日常生活を通して知り尽くしています。
中絶薬
多くの男性が好む、お肉やカレーなどのガッツリランチは、脂が多い分臭いが残ります。例えさっぱりお蕎麦にしても、ネギやかき揚げが口臭の原因になったり、ネギが歯に挟まったままの情けない人にもなりかねません。ランチでエナジーチャージして会議で熱弁をふるっても、皆の気は「張り付いたネギ」に向いてしまいます。そこで、話に臭いやカスの邪魔が入らないように、食後の歯磨き習慣を始めましょう。

これから始める人に特にオススメなのが「brillo」。周囲を見渡せば、旅行用の歯磨きセットを愛用している人が多い中で、コンパクトで携帯しやすく、しかもオシャレな歯ブラシなら気持ちが上がります! 「brillo」なら人とは違うちょっとした優越感を味わいながら、歯磨き時間を楽しいものに変えてくれるかもしれません。

足の痛みをかばいながら歩いたり、体重のかかる部位が変化したりするため、太ももやふくらはぎの筋肉が疲労し、膝への負荷が強まる恐れがあります。
砂利道など足元の不安定な状態の場所を歩いていると、不意に足を滑らせて転びそうになることがあると思います。この時に、膝の関節へ捻るような方向の負荷がかかると、膝を痛めてしまうことがあります。
スポーツのトレーニングメニューや競技の中で、横に動いたり急に立ち止まったりするような動作でも、捻りの負荷がかかり痛めることがあります。また、あぐら姿勢や横座りをする時も要注意です。
「減量したら膝の痛みも改善された」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、肥満や急激な体重増加は、膝の痛みを引起すリスクが高くなります。
歩くだけでも、自分の体重の約3倍の重みが膝へかかるのですが、もし10キログラム体重が増えてしまった場合、膝への荷重は約30キログラム増加とうことになってしまいます。肥満により運動が億劫になると、膝を支える筋力も衰え、膝にとっても良くない状態が続くことになりかねません。
膝の曲げ伸ばしをスムーズに行い、あらゆる活動において膝への負荷を和らげるためには、太ももの前・後面にある複数の筋肉の働きが重要になります。
運動不足により筋力不足になったり、日頃の癖や姿勢、疲労などの影響で太ももの筋肉の働きが低下したりと、太もも筋肉がベストな状態を維持できなくなる要素は、日常生活習慣の中にも沢山あります。
過去にスポーツによる怪我や交通事故などで膝の靭帯を損傷したり、膝付近の骨折で関節軟骨が傷ついてしまった場合は、後々に変形性膝関節症になったり、膝の不調を訴えやすくなったりします。
怪我自体は治っていても、関節軟骨の修復は不十分で本来の機能まで回復しない場合もあり、膝関節が不安定になる要素が残るかもしれません。威哥王
0

2011/8/3

血液がドロドロになったまま放っておくと、健康にさまざまな悪影響を及ぼす  健康

血液がドロドロになったまま放っておくと、健康にさまざまな悪影響を及ぼします。全身の毛細血管に酸素や栄養分が十分に行き届かなくなり、体に溜まった老廃物を回収したり排出する事も順調に行かなくなるため、色々な生活習慣病と言われるものを引き起こす原因にもなります。また、頭痛や冷えなどの体の不調の原因もドロドロ血液が関係している事が少なくありません。威哥王
ドロドロの血液は、具体的には、次のような症状を引き起こします。
血液ドロドロのままでは、色々な病気を引き起こしてしまいますが、常日頃から「血液をサラサラにする食品」を食べていれば、防ぐ事ができます。
血液をサラサラにする食品には、次のようなものがあります。

「血液サラサラ食品」の代表と言われる玉ねぎには、「アリシン」や「ケルセチン」といった有効成分が含まれています。アリシンには、血液中の余分なコレステロールを排出したり、血小板の凝固を防いで血栓ができにくくする作用があると言われています。ケルセチンには、体内の脂肪の吸収を抑制したり、排出するのを助ける働きがあります。玉ねぎは生で食べたほうが血液サラサラ効果が高いと言われます。
納豆には、「ナットウキナーゼ」という納豆にしか含まれていない酵素があり、血管にできた血栓を溶かす作用があります。納豆も貴重な血液サラサラ食品です。
人参に含まれる「アルファカロチン」や「ベータカロチン」は、抗酸化力があるため、血液ドロドロの原因になる活性酸素から体を守る事ができます。また人参に含まれるカリウムには、ナトリウム(塩分)を排出し血圧を下げる働きがあります。
サツマイモには豊富な食物繊維が含まれており、ナトリウムを吸着する働きがあります。またナトリウムを排出する働きのあるカリウムも含まれているため、高血圧の抑制効果があり、ドロドロ血液を予防する事ができます。
黒酢に含まれる「メラノイジン」には、血行を良くし、コレステロールを低下したり、血糖値降下作用があります。また、血管を軟らかくするヒスチジンが米酢の15倍も含まれています。
イワシ、サバ、サンマ、アジなどの青魚類には、EPAやDHAが含まれており、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあります。また、血栓の基になる血小板の凝集を防いだり、血圧を下げる働きもあります。
昆布やワカメなどの海藻類に含まれるヨードは新陳代謝を促し、ぬめり成分のアルギン酸には、血糖値の上昇を防いだり、コレステロール値を下げる働きがあります。
その他、血液をサラサラにするための食品として、にんにく、梅干、お茶、バナナ、ねぎ、緑茶、ウーロン茶、キノコ類、カボチャ、黒豆などがあります。
高血圧は、血液が血管を流れる時にかかる圧力が高い事を言いますが、血液がドロドロして流れにくくなると血管にかかる圧力が高くなります。これが高血圧の症状ですが、血圧が高くなると無理に血液を流そうとするため、血管が傷つきやすくなり、そこにコレステロールやカルシウムが溜まってさらに血液の粘度が増し、ドロドロの状態になります。動情三鞭粒
0

2011/7/8

アトピーにとっては亜鉛不足がよくないと実証されている  健康

アトピーにとっては亜鉛不足がよくないと実証されています。亜鉛には一日の摂取量があります。アトピーを改善するために、摂取量に気をつけて亜鉛をとりたいですね。亜鉛の摂取量についてみていきましょう。
V26
アトピーでは肌の代謝が悪くなってしまい細胞分裂がうまくなされないことで、肌が荒れてかゆくなったり、赤くなってしまったりするのです。肌の代謝をうながし、細胞分裂を活発にするためには、さまざまな栄養が必要です。そのなかに亜鉛があります。

亜鉛は肌の状態をなめらかに保ち、かゆみ物質であるヒスタミンを抑制する効果もあるということです。

さらに、亜鉛は、精神を落ち着かせる役割もあります。カルシウムは精神を落ち着かせてイライラすることを防ぐ効果があります。亜鉛はカルシウムと結びついてカルシウムの吸収をよくするうえに、亜鉛それ自体にストレスを緩和する効果があります。ストレスやイライラはアトピーにとって大敵ですから、その面でも亜鉛は効果的ですね。

そのほかにも、月経不順や妊娠時に亜鉛は深くかかわってきます。妊娠中は亜鉛をしっかりとることで、健康な状態で出産できるのだということです。

アトピーにとっても健康な身体にとっても必要不可欠な亜鉛ですが、その摂取量には気をつけなければなりません。

一般的に日常で日本人は一日に10ミリグラム程度の亜鉛をとっています。白米やパンといった主食にも少量含まれていますし、カキを始めとする貝類には多く含まれていることは有名です。さまざまな食品に含まれている亜鉛ですが、日常の食事でそこまでたくさんとることは難しいでしょう。

アトピーのために亜鉛をしっかりとるための目標摂取量は30ミリグラムといわれています。3倍もの亜鉛をどうとったらいいのでしょうか。

ひとつにはサプリメントがあります。亜鉛のサプリメントは多くの有名な会社からも販売されています。亜鉛が多く含まれている食材としては、ナッツ類、海藻類、白米よりも玄米などです。これらをしっかり食べるのもよいですね。野菜ももちろん多くとったほうがよいでしょう。

アトピーのためによいからといって亜鉛をとりすぎると逆に健康を害します。それは、亜鉛をとりすぎることによって銅が不足してしまうことによります。しかし、少しくらい亜鉛を摂取しすぎたからといって急にアトピーや健康のために悪いというわけではなく、大量の亜鉛を長く摂取し続けることで健康を害してしまうということなのです。一日50ミリグラム以上の亜鉛を摂取し続けるとよくないようです。

食品ごとに100グラム中亜鉛が含まれている量をみていくと、カキで約13グラム、ゴマで約5グラムです。ふつうの食事をしていたら亜鉛不足になることがほとんどだと思うので、サプリメントなどで亜鉛を補う際に、サプリメントをとりすぎないように摂取量に気をつければ、身体への害は心配することはありません。アトピーのために食品やサプリメントをうまく利用して亜鉛を効率的にとることをおすすめします。

絶對高潮
0

2011/7/5

いわゆるエコノミークラス症候群等の予防のためにも、水分補給は重要とされている  健康

熱中症による死亡者数の発生状況は、それぞれの年の気象条件によって大きな変動が見られますが、冷夏でもかなりの発生が見られます。
年齢性別の死亡者数の発生状況は、労働現場だけでなく、スポーツ活動や日常生活の中でも死亡者の発生が見られます。
脳梗塞
脳梗塞とは、脳血管が閉塞又は狭窄し、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる疾患を言います。平成18年の人口動態統計によれば、脳梗塞による死亡者数は78,975人で日本人の死亡原因の中でも多くを占めており、また、後遺症を残して介護が必要となることが多く、福祉の面でも大きな課題を伴う疾患です。
発症時間で最も多いのが夜間から早朝にかけてで、これは、就寝中には水分をとらないために脱水傾向になることと関わっているとされています。また、年間を通じては夏と冬に多く、夏は脱水、冬は体を動かさなくなることが発症と関わっているとされています。
心筋梗塞
心筋梗塞とは、虚血性心疾患のうちの一つで、冠動脈の血流量が下がり、心筋が虚血状態になり壊死、または壊死に近い状態になる疾患を言います。平成18年の人口動態統計によれば、急性心筋梗塞による死亡者数は45,039人で日本人の死亡原因の中でも多くを占めています。
動脈硬化病変を基盤として脱水状態になった場合には、閉塞性血栓が発生し、心筋梗塞に至る場合があります。
その他、いわゆるエコノミークラス症候群等の予防のためにも、水分補給は重要とされています。
3. 健康のための水の飲み方
のどの渇きは脱水が始まっている証拠であり、渇きを感じてから水を飲むのではなく、渇きを感じる前に水分を摂ることが大事です。水分が不足しやすい、就寝の前後、スポーツの前後途中、入浴の前後、飲酒中あるいはその後等に水分を摂ることが重要とされており、枕元に水分をおいて就寝することも重要です。水分の摂取量は多くの方では不足気味であり、平均的には、コップの水をあと2杯飲めば、一日に必要な水の量を概ね確保できます。

その際、砂糖や塩分などの濃度が高いと、吸収までの時間が長くなる点に注意が必要です。また、アルコールや多量のカフェインを含む飲料は、尿の量を増やし体内の水分を排せつしてしまうので、水分補給としては適しません。

なお、腎臓、心臓等の疾患の治療中で、医師に水分の摂取について指示されている場合は、この指示に従う必要があります。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ