2011/9/14 | 投稿者: 高岡 早紀

外傷による膝の痛みを始め、外傷はなくても違和感などの症状が長引く場合は、なるべく早めに整形外科を受診しましょう。レントゲンなどの画像検査や関節液検査などの専門的な検査で原因となっている疾患が的確に特定でき、早期処置を受けることができます。
RU486
整形外科で行われる主な治療としては、炎症を抑える薬や湿布薬の処方の他、必要であれば膝に溜まった水を抜くことや、ヒアルロン酸の注入も。血流を改善させる物理療法や運動療法の指導があり、通院が必要になることもあります。主治医の指示に従って早期治療を目指しましょう。
膝痛に役立つアイテムも実にたくさんの種類が販売されています。膝の負担を軽減させ日常活動をスムーズにさせたり、一時的に症状を緩和させたりと、その目的はさまざま。病院に行くほどの症状ではない場合や、再発防止のために、自分の膝の状態に合わせてうまく活用していきましょう。
膝の調子が悪い時でも、仕事で歩き回らなくてはならないときや、スポーツなどの試合間近で運動をしなくてはならないことも。膝に負担のかかりやすい不安定な状態では、膝の動きに関わる筋肉も緊張しやすく、膝痛をおこしてしまう可能性が高まります。

そのような場合に着用する膝のサポーターは、膝関節への負担軽減に役立ちます。膝関節の安定性を向上させると動きやすくなり安心感も得られます。サポーターにはソフトな素材のものと、ガッチリしたハードなタイプのものがあります。

一例ですが、ソフトタイプサポーターなら「McDavid ダブルニーラップ」のように、サポーター使用が初めてな方でも楽に装着することができるラップタイプ(巻きつけ式)で、サポート力の調整も簡単なものもあります。これは膝をしっかり包み込む構造である一方、素材に適度なストレッチ性があるので、日常生活動作にも適しています。
変形性膝関節症の場合は関節軟骨のすり減りによる影響が心配されるため、日頃の食生活で痛みを予防できないか考える人も多いようです。まずは栄養バランスを考えた食事で膝に負荷がかかる肥満を予防し、コラーゲンの生成に必要なビタミンCをしっかりとることが大切。

一度すり減ってしまった軟骨を再生させることは難しいため、関節軟骨のすり減りが進行する前に予防・改善を始めましょう。予防・改善に役立つ成分として、関節軟骨の材料生成が増加される「コンドロイチン」が注目されています。

コンドロイチンは組織の水分保持にも関わるため、関節軟骨表面の滑らかさを守るとも言われています。多くのケースでは気付かない間に徐々に関節軟骨のすり減りが始まるので注意が必要。医薬品の「コンドロイチンZS錠」は早めに飲み始めることで関節軟骨のクッション機能低下を防ぐように働きかける成分を含んでいます。状態を急激に変えるためのものではありませんが、日数ををかけゆっくりと作用していくのが特徴です。
怪我をして膝を痛めてから膝の調子が悪いという人も多いようです。この場合、複数の筋肉からなる太ももの筋肉が過度に緊張したり、働きが低下したりすることでバランスが崩れ、膝のお皿の動きや位置が不安定になっている可能性があります。テーピングで膝をサポートすると膝のお皿も安定し、動きやすくなり、膝痛の心配も軽減されます。

テーピングの方法は難しそうで1人ではうまく巻く自信がない人には、一人で簡単に貼ることができる「ひざかんたん」のようなアイテムも。伸縮性があり膝をしっかりサポートする一方で、膝の動きを窮屈にさせないつくりになっています。かぶれにくい素材が使われ、特に膝裏部分はメッシュ地になっており、通気性の良い加工が施されています。外出先への持参にもかさばらないコンパクトサイズ。

日頃運動不足で旅行先で久しぶりに長時間歩かなくてはならず不安という人は、このようなアイテムを知っていると心強いかもしれませんね。威哥王
0

2011/8/3 | 投稿者: 高岡 早紀

最近、注目されている黒豆には、女性の健康にとって有益な成分がたくさん入っています。黒豆にはアントシアニン、サポニン、イソフラボンの他、炭水化物、レシチン、大豆オリゴ糖、食物繊維、リノール酸、ステロール、トコフェロール、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、葉酸など、健康を維持するための栄養素がびっくりするほど豊富に含まれています。五便宝
この中でも特にアントシアニンとイソフラボン、サポニンは、女性の美容とダイエットにすばらしい効果を発揮します。

黒豆の皮の黒い部分には、ブルーベリーでおなじみのポリフェノールの一種、アントシアニンが豊富に含まれています。アントシアニンは、疲れ目の改善や視力向上の働きがある事が知られていますが、美肌効果もあるのです。アントシアニンには、皮膚に含まれるコラーゲン同士を結びつける働きがあるため、肌のハリやつやを良くし、若々しい肌を保つ効果があるのです。
また、アントシアニンには体のサビと言われる活性酸素を除去する働きがあるため、血流を促し、肌にしみやシワができるのを防いでくれます。
黒豆には、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンも含まれていますが、このイソフラボンは、更年期の症状を軽くする他、女性の若々しさを保ち、美肌効果や美白効果もあるのです。
黒豆に含まれるアントシアニンの殆どは、「シアニジン-3-グルコシド」というものですが、このシアニジンには、活性酸素を除去して血液をサラサラにしたり、体脂肪をつきにくくする効果があります。
通常、食事で摂取した脂肪は腸で吸収されますが、シアニジンはこの脂肪分の吸収を抑え、脂質の排出を促す働きがあるため、ダイエット効果が期待できるのです。
また、黒豆にはサポニンが豊富に含まれていますが、このサポニンは、腸から吸収されたブドウ糖が脂肪に変化するのを抑えて、脂肪細胞に蓄積されるのを防ぐ働きがあります。
アントシアニンとサポニンの黒豆パワーは、肥満を予防しダイエットにも力を発揮します。
肉や魚、野菜類などは温度管理がしっかりされているところで、できる限り新鮮なものを購入するようにしましょう。消費期限や賞味期限もチェックしてください。
肉や魚の汁が漏れてそこに食中毒菌が繁殖する場合があります。汁が漏れるおそれのあるものはビニール袋などに入れ、他の食品につかないように持ち帰りましょう。
生鮮食品はすぐに冷蔵庫や冷凍庫に保管するようにしましょう。冷蔵庫の温度は10℃以下、冷凍庫は−15℃以下に設定し、詰めすぎないように注意してください。
包丁やまな板は、生の肉や魚を切った後、すぐに野菜や果物を切ると細菌がつきやすくなります。そのつど熱湯消毒をするか、肉魚用と野菜果物用に分けて用意しておくと安心です。
また、まな板や包丁、ボールなどの調理器具は使わない時は乾燥させ、常に清潔に保つようにしましょう。
スポンジやたわし、ふきん、タオルは濡れたままにしておくと、雑菌が繁殖します。まめに乾燥させたり、交換したりして、清潔に保ちましょう。時々漂白剤につけたり、熱湯消毒することにより、雑菌の繁殖を防ぐことができます。絶對高潮
0

2011/7/9 | 投稿者: 愛子

米航空宇宙局は東部時間8日午前11時半前(日本時間9日午前0時半前)、スペースシャトルの最終飛行となる「アトランティス」を打ち上げ、予定軌道への投入に成功した。

 1981年4月の初飛行以来、国際宇宙ステーション(ISS)の建設などで宇宙開発を牽引(けんいん)してきたシャトルは、今回の135回目の飛行で約30年の歴史に幕を下ろす。

 NASAによると、アトランティスは12日間の飛行予定で、順調ならアポロ11号が42年前に成し遂げた人類初の月面着陸と同じ日となる7月20日に帰還し、シャトル計画は終了する。

 男女計4人の米国人飛行士が搭乗し、3日目にISSにドッキングして長期滞在中の古川聡さん(47)らと合流。食料や日常品、実験器具などを運び入れ、不要品を持ち帰る。

 シャトル計画は72年、ニクソン大統領の了承で始まり、ISS建設やハッブル宇宙望遠鏡の投入などで宇宙史に新たな一ページを刻んだ。米国を中心に約350人が複数回にわたって搭乗し、92年には毛利衛さん(63)が日本人で初めて乗船した。
0

2011/7/9 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ