2013/12/31

ボクシングのキツさ  

とうとう来てしまいましたねえ。大晦日です。まだまだ片づいていないことが多くありますが、ひとまず区切りがつくところまでやったら、あとはゆっくり過ごすようにしたいと思っております。

ところで、今日の夜はテレビを観ながら過ごすという方が多いかと思いますが、いつからなんでしょうか、大晦日には格闘技が放映されるようになりましたねえ。そこで格闘技についてですが、私はボクシングをちょっとやったことがありまして、あれって、想像以上にキツイんですよ。ちゃんとヘッドギアをつけていても頭にかなりの衝撃がきますし、顔面はなにも覆われていないですから、鼻にパンチがあたるとつーんと涙目になってしまいます。

で、私はたった2ラウンドやっただけで 息があがって、いや、息があがってというより、胸が灼けるような感じがして大変でした。日常生活ではまず味わうことがないぐらいの体力の消耗で、本当に死ぬ一歩ぐらい前では(笑)というぐらいまでキツかったですねえ。だからプロボクサーって本当にすごいと思います。よく試合内容がノックアウト勝ちじゃなくて、守りに入った判定勝ちだと、マスコミがあんなつまらない試合はプロ失格だ、とかいろいろと文句を書きたてることがあるじゃあないですか。でも、ちょっとだけでもボクシングをかじった私からいわせてもらえば、試合ぶりがどうあれ、とにかく12ラウンドを戦いきったというだけでもものすごいことだと思うんですよねえ。

なので、私はそういう敬意を感じつつボクシング観戦したいと思います。もちろん紅白歌合戦もちょこちょこ覗き見したいとは思いますが(笑)。
0

2013/12/30

お年玉  

いよいよ明日が大晦日ですねえ。今年中にやり残したことはないかなあ、とそわそわ落ち着かない時間を過ごしている方も多いことかと思います。というか、今年はすべてやりきった、やり残したことはいっさいなし!という人って現実に存在するんでしょうか?ほとんどすべての人が、なんらかのやり残しを抱えたまま、ひとまずはよしということにして、年を越すのではないでしょうかねえ。

さて、もう年明けの話をしてもいいとは思いますが、みなさんはお年玉をあげなければならない立場にいますか?私はいまのところ、親戚の子供たちがちっちゃかったりするので、あげなくても大丈夫なんです。でも、お年玉って、子供のころ本当に楽しみでしたよねえ。ただ、ちょっと苦い思い出もあります。いつだったか、やったーと喜んでいたら、母親がやってきて「いくら入ってた?」と聞くのです。私は取り上げられるのでは、と思っていたら、そうではなくて、いくら入っていたか確認して、その相手方の子供にも同じぐらいの金額をあげるために聞いてきたみたいなんです。

なので、大量のお年玉に喜んでいましたが、結局は間接的に自分の母親からもらっているということなんですよねえ。なんだかビミョーな気分になったことを覚えております。「ああ、こんな大金が母親の財布から出ていってしまうのか・・・」ととっても申し訳ない気持ちもしたものでした。でも、これは日本のお正月の風物詩ですから、子供は余計なこと考えずにただ喜んでもらっていればいいんですよねえ。どうせ大人になれば逆にあげなければならないんですし。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ