2013/4/2

税理士が教える、放射線と放射能の違い  

未曽有の被害となった東日本大震災はその地震と津波だけでも大変な被害をもたらしましたが、それに加えて福島の原子力発電所をメルトダウンさせるという更なる被害をもたらしました。原子力という取り扱いには細心の注意が必要とされるエネルギーを用いた発電施設が制御不能の状態に追い込まれ、放射性物質が漏れ出たというニュースは枚挙にいとまがありません。

世界で唯一の被爆国として悲惨な被爆体験が語り継がれているわが国ですから、その経験が活かされた報道がされたかというと、その未曽有の事態へのパニックからややセンセーショナルに傾いた報道が散見されました。ニュースで連日のように聞かれる原子力関係の用語からしていまいちピンと来ないという方も多かったのではないでしょうか。専門的な内容も多く、素人感覚では理解しにくいかもしれませんが、用語の意味くらいは理解しておきたいところです。

理解が混乱している用語として「放射線」と「放射能」の違いがあるでしょう。違いがわからず、とりあえず何か恐いものという漠然とした理解をされていませんでしょうか。この二つの違いについて少しご説明します。

放射線とは、外界に何らかの働きかけを行うだけのエネルギーをもった電磁波や粒子線のことです。放射線というと何種類かのものがあり、必ずしも特定の一つのことを指すわけではありません。この点も放射線の理解を難しくしている点の一つでしょう。主に「シーベルト」という単位で表されます。

対して放射能とは、「放射線を発する能力」のことを言います。主に「ベクレル」という単位で表されます。主に食品についての報道で「ベクレル」が使用されるのは、体内に取り込んだ時の影響はベクレル(どれだけ放射線を発する能力があるか?)の方が最適だからと考えられます。

簡単にですが、このような違いがあります。興味や疑問がある方は自分でも調べ、無闇にパニックが広がらないようにしていきましょう。

東京都武蔵野市の会計事務所で働くスタッフのブログ
0

2013/4/2

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ