2012/1/5 | 投稿者: スーパーグレート太郎

私は仕事で、魚の鮮度を落とさず運び販売できるよう活魚車を運転していました。
三菱ふそうのスーパーグレートの荷台を、水槽にしたものです。
2003年式で、3.19tの水槽が3槽ついています。
現在、会社で新型のスーパーグレートを購入しようと検討しています。
クリックすると元のサイズで表示します
<↑スーパーグレート(活魚車)は、こういうトラックです>

そこで現在乗っている三菱ふそうのスーパーグレートを、
どこかに査定してもらい、高額だったら、
買取してもらって新車購入の頭金に充てる事が決まりました。
そこで私は、高額で査定してくれる所を探すことになりました。
ですがこのスーパーグレート、海から市場までを行き来していたので、
走行距離が現在1,200,000km越え……。
何より染みついた魚のニオイが、強烈です。生臭い……。

そもそも活魚車なんてあまり需要があるとは思えません。
高額査定をしてくれる所はあるんだろうかと悩みながら、
様々な業者を調べました。
同僚と、どの業者が良いか相談を重ねました。
するとその内の1つの業者について、同僚が口コミで聞いた事があると言い出しました。
なんでも、トラック専門の査定業者らしく、
過走行のトラックや、スーパーグレートを査定してくれそうだとの話。
コチラです⇒スーパーグレート(三菱ふそう)・査定

さっそく連絡をとってみると、
ニオイ付きの活魚車でも、
過走行のスーパーグレートでも、
問題なく査定してくれるとの事。

その上、これからきちんと査定してもらうのですが、
大体の査定額を聞いた所、当初の目的である高額の査定額を提示してもらえました。
トラックの中でも環境性能が高く、
フル積載状態でも快適に運転できるスーパーグレートは、
今ならニオイ付きでも、過走行状態でも中古で欲しいという人がいるそうです。
特に人気が高い今ならば、高額査定が望めるとの話。
もしも今後買取してもらおうと考えているならば、今が絶好の機会だそうです。

私は同僚に相談した末、この業者に三菱ふそうのスーパーグレートを、
査定してもらう事に決めました。
もし査定先を探して悩んでいる方がいたら、
一度この業者に相談してみてはいかがでしょうか。
1




AutoPage最新お知らせ