温かい湯で避難者癒やす…元原発作業員、風呂番で支える )  

拡大写真風呂の湯加減を利用者に聞く宮口さん(左)(5月27日、福島県南相馬市原町区の避難所で) 東京電力福島第一原子力発電所などで18年間にわたって働き、 トリーバーチ 自らも津波で父親や自宅を失うなどして福島県南相馬市の避難所に身を寄せている宮口公一さん(54)が、避難所で風呂の番のボランティアを続けている。 自身が長年かかわってきた原発の事故で多くの人が翻弄されていることに複雑な思いを抱きつつ、「前を向ける雰囲気をつくりたい」と温かい湯で避難者を癒やしている。 「湯加減はいかがですか」。5月27日夜、避難所になっている同市原町区の原町第二 鬼太郎Tシャツの鳥取県議会でNG 中学校の駐車場に設置された釜だき式の風呂の前で、湯船につかった男性に宮口さんが声をかけた。 宮口さんは週3回、避難所の仲間と協力して風呂に水を張り、仮設住宅の建設で出た廃材を釜にくべる。1日30〜40人が湯につかる。 3月11日の東日本大震災発生時、宮口さんは東電の協力会社社員として、福島第二原発で作業員の放射線量を測定していた。仕事を終えた翌日、南相馬市小高区の自宅に戻ると建物は津波に流され、父貝治(ともはる)さん(当時75歳)と母キクさん(76)の姿はなかった。 東京都内の妹の家に身を寄せ、「第一原発から20キロ圏の警戒区域内で捜索が始まる」と聞いて避難所に戻ったものの、両親の手がかりは得られず、気力を失っていった。そんな時、遠く宮崎県の建設業者らが避難所に風呂を寄贈してくれた。「全国の人たちが応援してくれている。自分のできることをやろう」。風呂の番を買って出た。 貝治さんはその後、自宅近くで遺体で見つかったが、キクさんは今も行方不明。原発事故後、会社は仕事が激減し、宮口さんは5月中旬に解雇された。第一原発でも1年間、放射性廃棄物の分別などの仕事をしたことがある。原発が地域経済を支えてきたと思う一方で、「強調されてきた『安全性』は何だったのか。裏切られた」との気持ちもある。 今は、「事故の収束なくして復興はない」との思いから、原発内で働く作業員の奮闘を願う。そして、避難所で暮らす約160人を前に「故郷のため、自分もできる限り復興の支えに」と決意している。(飯田雄太)拡大写真封じ手を開封し羽根直樹九段(右)に見せる立会人の宮沢吾朗九段(中央)。左は本因坊道吾=北海道音更町の十勝川温泉第一ホテルで2011年6月3日午前9時4分、貝塚太一撮影 本因坊道吾(どうわ)=山下敬吾九段(32)に羽根直樹九段(34)が挑む第66期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第3局は、3日午前9時、北海道音更町の十勝川温泉第一ホテルで2日目の対局が始まった。 立会の宮沢吾朗九段が「封じ手は10十二です」と読み上げた。解説の金秀俊八段は「大方が予想していた手。白模様を拡大すると共に黒への攻めもみています」と話した。羽根は黒49と受けた。 さらに白50と追及する道吾。羽根は丁寧に黒59まで受け、右辺大石をほぼ生きた。 白62から戦いは左上、左辺へと移る。地を稼ぐ羽根。模様を拡大する道吾。両者持ち味通りの進行だ。黒69と、羽根は白模様に単騎突入。互いに慎重に打ち進め、白模様を巡る攻防が続く。 道吾が白84を考慮中の正午、昼食休憩に入った。残り時間は羽根3時間6分、道吾2時間50分。午後1時再開。【金沢盛栄】
0

高槻保険金殺人  

拡大写真送検される宇野ひとみ容疑者=26日午前8時17分、大阪市中央区・大阪府警本部(志儀駒貴撮影)(写真:産経新聞) 大阪府高槻市の淀川堤防で昨年4月、宇野津由子さん=当時(36)=の遺体が見つかった事件で、養母の宇野ひとみ容疑者(36)=殺人容疑で逮捕=の夫=自殺、当時(39)=に津由子さん殺害を依頼された男(53)が、「津由子さんの友人に顔を見られたので殺せなかった」と夫に嘘の報告をしたところ、ひとみ容疑者が津由子さんに電話をかけ、「なぜ友人を連れてくるのか」と叱責していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。 男が殺害を依頼されたのは同月初めごろで、府警捜査1課は、ひとみ容疑者が、当初から津由子さん殺害計画に加わっていたとみている。 捜査関係者によると、男は、ひとみ容疑者夫婦が関わった交通保険金詐欺グループの中心メンバーで、同課の調べに「夫から仕事のふりをして津由子さんを呼び出し、殺害 トリーバーチ するよう頼まれた」と供述したという。 男は津由子さんに依頼されたことを伝え、逃げるように忠告する一方、夫には「津由子さんが仕事場に友人を連れてきたので、できなかった」と報告した。 津由子さんはその後、ブログなどで、ひとみ容疑者から電話があり、「なぜ仕事場に友人を連れてくるのか」などと叱られたことを明かしていたという。拡大写真送検される宇野ひとみ容疑者=26日午前8時 国の上限値不安…全国の保護者ら撤回を要望 17分、大阪市中央区・大阪府警本部(志儀駒貴撮影)(写真:産経新聞) 大阪府高槻市の淀川堤防で昨年4月、宇野津由子さん=当時(36)=の遺体が見つかった事件で、養母の宇野ひとみ容疑者(36)=殺人容疑で逮捕=が、犯行の約1週間前から津由子さんに直接連絡を取らなくなっていたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。津由子さんの警戒心を解くためとみられる。 津由子さんは身の危険を感じて事前に家を出ており、犯行直前にひとみ容疑者夫婦周辺で津由子さんと連絡を取っていたのは、ほぼ佐々木一幸容疑者(43)=同=だけになっていた。府警捜査1課は、この時期に具体的な殺害計画が固まった疑いがあるとみている。 府警は同日、殺人容疑でひとみ容疑者を送検した。 捜査関係者によると、昨年4月初旬、ひとみ容疑者の夫=自殺、当時(39)=が知人の男(53)に、津由子さんを同月中旬に殺害するよう依頼。男は実行せず、津由子さんに知らせたため、津由子さんは実父宅に避難したが、同月28日に殺害された。 ひとみ容疑者は当初、津由子さんに電話をかけて戻ってくるよう説得したが、同月20日過ぎから殺害直前にかけて、佐々木容疑者だけが連絡を取るようになったという。 津由子さんはひとみ容疑者の説得に応じず、周囲に「ひとみ容疑者夫婦から狙われている」などともらしていた。一方、佐々木容疑者は津由子さんと親しかったといい、同課は、津由子さんと接触しやすい佐々木容疑者が実行役に選ばれたとみている。 また、ひとみ容疑者の夫は殺害の数日前から複数の知人に遺体の処理を依頼し始めており、同課は、事件の直前に詳細な殺害計画が決まったとみている。
0

tyrt  

ytrytryttrytrt
0
タグ: yryry

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ