発展途上国と成長率  

部分的にユーロ圏危機と対外援助金の入手可能性の以降の減少のおかげで、指定されたLDCの経済が2012年に2011年により非常に遅い速度で成長すると、レポートにはありました。アフリカの国は、最も遅い成長率を示しました。

「外部の経済状態に対する彼らの高い依存があれば、LDCはこの広い層に基盤を持った減速を逃れることができませんでした、そして、減速の率は発展途上国のそれと類似していて、経済を促進しました、「レポートは言いました。

LDCの実態的人口統計学が若く圧倒的にそれるので、これは非常に近い将来の大きな問題でありえたと、国連は言いました。「このパターンが続くならば、遅い世界的な回復とともに、それはLDCで仕事見通しに打撃を与えるかもしれません。LDCのための仕事の重要性は、過度に強調されることができません。LDCの比較的若い人口統計学の構造は、若者の増加している一団が労働市場に入っていて、そうし続けることを意味します。大学で教育を受けた若者がより良い見通しを捜して彼らの故郷を出発して、これは「頭脳流出」に終わることもありえました。

わずか3カ国は、現在までなんとかLDCステータスから卒業することができたと、レポートにはありました:1994年のボツワナ、2007年のカボ・ヴェルデと2011年のモルディヴ。

いくつかの推薦(LDCが家で若者を引きつけることができた方法を含む)で、レポートは結ばれます そして、よりよく、入っている外国の送金と援助を利用する方法。

預金口座が最も多くのトラブルにあった国は、サモアでした。アンゴラは、多くで最高の形でした。

リストに載っている国の全リストは、以下の通りです:アフガニスタン、アンゴラ、バングラデシュ、ベナン、ブータン、ブルキナ・ファソ、ブルンジ、カンボジア、中央アフリカ共和国、チャド、コモロ、コンゴ民主共和国、ジブチ、赤道ギニア、
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ