2013/5/31

(無題)  

媚薬は性欲を高める薬や、一般的に「ほれ薬」と呼ばれる、恋愛感情を高める薬として認識され、身体の性機能の向上 や改善を目的とされた強壮剤や精力剤も含まれます。媚薬とは狭義では催淫剤と言われる、EDを治療する際に用いられる薬として、元々開発されました。媚薬 は、主に性的な興奮を向上させる薬の総称として用いられていますが、作用については個人差が激しいといえるでしょう。基本的な媚薬の中には精神を操作する ことができるほどの媚薬はほとんどありません。

ですので、「惚れ薬」と呼ばれる媚薬は、実はこの世には存在しない架空の薬品であると言われています。また、媚薬と は本来興奮剤としてだけではなく、精力がつく薬品や食べ物の総称とされていました。中にはタマネギなど、現代において普通の食卓に並んでいる食べ物たち が、昔では媚薬と言われていたものも多いのです。また、媚薬の効果は人によって差異があったため、薬物の認識にも違いがありました。

現代 の医学の発達により、媚薬効果がある物質は限られ、過去に媚薬と呼ばれたものはその効果は無いと改められることになりました。現代において「媚薬」と呼ば れる物質は、過去ほど多くは無く、あまり見かけないものとなりました。やがて媚薬は大人しかしらない性的な薬と認知されることになったのです。
0

2013/5/31

(無題)  

媚薬の作り方を探していたら、ありました。「えーっ!」媚薬の作り方は良いとして、蜂蜜をアソコに塗ってしまうの!?この媚薬の作り方って効果あるんだろうか?もし効果がなかったらアソコがベトベトになるだけって、悲しすぎます。

蜂蜜って健康栄養食品ですよね、それが媚薬にもなるのかな?まぁ、それはおいといて、その媚薬の作り方が載っていたのはインドの性典と呼ばれるカーマスートラ。カーマスートラと言えば性愛の古典と言われる有名なものなんだそうです。さあ、ではその媚薬の作り方なんですが、いくつも載っているうちの一つを見てみましょう。

なになに、その媚薬の作り方とは、チョウセンアサガオと黒コショウを蜂蜜に混ぜる。うん!?それだけ?えらく簡単ですね。なんか媚薬の作り方って聞くとかなり複雑なイメージがあって、呪文なんか唱えるのかな?と考えてたんだけど、かなり簡単な媚薬の作り方。それで、作った媚薬を飲むのではなく、男根に塗って女性と交わるということです。すると、思い通りに女を恍惚たらしめるとなっています。

でも、女性のアソコが蜂蜜でベットリですよね〜。これってよいのかな?後で舐めてあげれば良いか!?蜂蜜嫌いな男はどうすんだ!まぁ、カーマスートラに載っているほどの媚薬の作り方なんで、それなりに効果はあるのかな?本当にあるのかな?この媚薬の作り方試して見る気ある?と聞かれたら、蜂蜜をナニに塗るんだよね?私はパスします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ