| 投稿者: mk

社会労務士試験で短期合格を目指すならこの音声講座で!
「社会労務士試験★合格へのフルスロットル講座」の紹介です。


社会労務士試験 短期合格のための音声講座


通勤や家事など隙間時間の学習にも適した通信講座です。

社会労務士試験は、毎年約50000人が受験するマンモス試験です。
そのうち8%〜10%の人しか合格できないAクラスの国家試験です。

合格するには、絶対合格してやるぞ!
という気持ちが最も大切ですが、実践的な部分では
“適切な人に正しい情報を提供してもらう”もとても重要です。


短期集中式で合格を目指したいあなたに、
社会労務士試験講師真島伸一郎が担当する
全10科目58時間の音声基本講座!



学校に通えない方は、正しい情報を、確認する意味でも、
通信講座を活用して下さい。

独学で怖いのは、正しくない情報を、
勝手な解釈で理解してしまうことです。

法律の理解を伴う試験ですから、
その解釈を誤ってしまうと、
試験で点数を稼ぐことはできません。

この講座は10年以上のキャリアを持つ
受験のプロ“真島伸一郎”が全教科の講師を務めることで、
このテキストの重要な点と伝えたい事項を
漏らさず、お届けすることができます。

「基本書」一冊で大丈夫なの?
と思われるでしょうが、大丈夫です。

受験のプロである真島伸一郎が、
「これさえマスターすれば合格ラインに到達できる」
という内容で提供している音声講座です。
この講座を信じてコツコツ勉強してください。

独学で勉強していた方は、学習方法を見つめ直すチャンスです。



⇒ 社会労務士試験 短期合格のための音声基本講座


              社会労務士試験 短期合格のための音声基本講座



テキストは,市販の「うかるぞ社会労務士2011年版」を使用します。
※テキストはご自分でご用意ください。





0

  | 投稿者: mk

御存知の通り、社会労務士試験は、毎年約50000人が受験するマンモス試験です。
そのうち8%〜10%の人しか合格できないAクラスの国家試験です。

正しい勉強方法を知っていて 実践している人は合格率は高いといわれています。

無駄なところに時間を掛けず、要点を絞って勉強をすることで合格率は高まります。
その事実を認識していただいた上で、自分に合った教材を選んでいただきたいのです。

合格するには、絶対合格してやるぞ!という気持ちが最も大切ですが、
実践的な部分では“適切な人に正しい情報を提供してもらう”ことがとても重要です。

もしあなたが、独学で試験にチャレンジしようか、講座を受講しようか迷っているなら、こちらをご覧ください。


⇒ 社会労務士試験 短期合格のための音声基本講座



勉強方法

「社会労務士試験 に合格する」ための“テクニック”という意味でも、やはり勉強方法は大切です。

なぜなら、社会労務士試験は、70点を取った人が、全員合格できるとういう試験ではないからです。

仮に70点を取った人が全体の20%いるとします。
この中から、更に10%程度の合格者を振るい落とすために、合格ラインを引き上げるのです。
それが、各科目ごとの最低得点を導入している理由です。

この採点方法によって、毎年8%〜10%の合格率になるように調整しています。
これが、社会労務士試験をAクラスの国家試験へ成長させた要因なのです。

トータルで70点を取ることは、それほど難しくはありません。
しかし、各科目の最低ラインを設定されると、話は違います。
ここで重要になるのが、各科目で平均点数を稼ぐための勉強をするということなんです。



孤独感

1年後の試験に向けて独学で勉強しようとします。
最初は、何もかも新鮮で テキストはどんなのが良いのか、どんな教材があるのか等、 全ての行動に勢いがあります。
しかし、時間の経過と共に、集中できる時間が短くなり テキストを開く手がなぜか重くなってしまいます。

そうなると、ある感情が芽生えます。それが第二のキーワード「孤独感」です

通学しないで自宅で勉強する=“独学”ではありません。
独学とは文字通り、全て独りで勉強することです。それをやめてください。

通学での学習が無理な方は、最低でも通信講座を受講してください。
講師の音声が耳から入るので人気(ひとけ)を感じることが出来ます。
人気があれば孤独感が低減します。

通信講座は、基本中の基本である「基幹講座」を受講しましょう。
合格のための最低限の学習方法 = 通信の基本講座  です。

なぜならば、社会労務士試験は、年々、出題の仕方が、いやらしい試験になってきているからです。



⇒ 社会労務士試験 短期合格のための音声基本講座


              社会労務士試験 短期合格のための音声基本講座


0

  | 投稿者: mk

2010年合格の うにこ さん

クリックすると元のサイズで表示します

初学者で、しかも1月半ばから勉強を始めたわたしが合格できたのは、フルスロットル講座のおかげだと思います。

きっかけは、もともと「うかるぞ社労士」のテキストを使い、その音声講座も受講していましたが、国民年金に入りしばらくするとまったく ついていけなくなりました。

それで、何か他にいい勉強法はないかと探していたら、今使ってるテキストで別の先生の音声講座を発見しました。それがフルスロットル 講座でした。

まず、お試しの労基法を聴いてみると、わかりやすい!
でもすでに別の音声講座を受講していましたし、お金が・・・と思いましたが、これで落ちたらますますお金も時間ももったいないと思い決断しました。
このとき2月半ば頃でした。

今では受講してほんとによかったと思っています。 真島先生一人ですべての科目を担当しているので、 他の科目で似てるようでちょっと違うところが出てくると、 またそのページに戻ってくれるので、横断学習でき理解が深まりました。

これは以前に受講していた音声講座ではまったくなかったことです。 それにしゃべり方や声の感じがよくて聴き取りやすく、 面白くお話してくれるので楽しく勉強できました。



埼玉県 石川様

一言で言うと、非常に役に立った講座でした。
私の合格の大きな要因となったことは間違いありません。

利点を3つ挙げますと、

1.基本書「わかる社労士」を書いた本人の解説、その上関連する所を横断的に 解説してくれる。

2.基本書「わかる社労士」が目と耳から、複数の経路にて頭に入力される。覚 える効率がアップする。

3.音声講座中に真島先生の話や笑い声が入っている。なぜかその部分が鍵とな り記憶の助けとなる。iPODなどで好きな時に繰り返し聞けることで、耳から記憶の定着を謀るこ とができる。

となります。

よく言われるように社労士試験は基本事項が大事です。
選択式は運もありますが択一では基本事項の理解が合格への大きな鍵となります。

この講座を回せば合 格の可能性がアップするのは確実です。
私がこの講座に気づいたのは5月と遅かっ たのですが4ヶ月の期間で合格することが出来ました。
早く始めればもう少し余 裕をもって学習を進められたのではないかと思います。



⇒ 社会労務士試験 短期合格のための音声基本講座


              社会労務士試験 短期合格のための音声基本講座


0




AutoPage最新お知らせ