オムライスの誕生  食事

オムライスは子どもの頃には無くてはならない人気メニューの一つだろう。
大人になってから機会は減るが人気は根強く持っている。

オムライスは、「カレーライス」「ハヤシライス」と並んで日本が生んだ「洋食屋の3大ライス」である。

では、そのオムライスはどのようにして生まれたのだろう?

オムライスの発祥の説には2通りある。

一つは、東京・銀座の「煉瓦亭」説だ。

明治33年ころに「煉瓦亭」では従業員の賄い料理に早く食べれるものはないかと考えだされたのが最初ではないかという。

この賄い料理は、ごはんとオムレツが一緒になったもので、ライス入りオムレツである。

お客が従業員が食べているのを見て自分もあれが欲しいという事で「ライスオムレツ」の名前でメニューに登場した。

「煉瓦亭」のライスオムレツは今でも「元祖オムライス」としてメニューに載っている。

ご飯に、玉ねぎ、合挽き肉、マッシュルーム、グリーンピース、溶き卵を混ぜ合わせたもので、それをオムレツの形に整形したものだ。

現在のオムライスとは少しイメージが異なる。

もう一つの説は、大正14年頃、大阪・汐見橋の洋食屋「パンヤの食堂」、現在の「北極星」節だ。

当時の「パンヤの食堂」の常連客で胃腸が弱く柔らかいものしか食べれないという近所の雨具屋さんが毎日、店にやってきてはオムレツとライスを頼んでいた。

それを見た当時の店主がかわいそうだという事でトマトケチャップで炒めたライスを卵で包む事を考えたという。

これを食べた常連客は感動して店主に「これはどんな料理や」と尋ねたという。

その時に店主が答えたのが、「オムレツとライスでオムライス」と語ったのが、オムライスの元祖だと言う説である。


オムライスは昭和10年代にかけては、百貨店食堂の人気定番メニューだった。

中でも画期的なのは、「ふわふわトロトロ」の半熟オムライスで東京・吾妻橋の「レストラン吾妻」が考案した。

チキンライスの上にオムレツを乗せ、そのオムレツを指でそっと触れるとオムレツが雪崩のようにケチャップライスの上に滑り落ちるのだ。

これをさらに有名したのが、伊丹十三監督の映画「タンポポ」で、この中に登場する半熟卵を使ったオムライスが、見た目にとても美味しく映り一気に「ふわふわトロトロ」オムライスが全国に広がった。

今では、オムライス専門店が成り立つほど、オムライスのメニューバリエーションは広がっている。

オムライスを彩るソースも豊富で、今ではケチャップはもちろん、デミグラソース、ホワイトソース、ミートソースなど種類も豊富になっている。

母の日の食事予約
0

ハヤシライスとハッシュドビーフ  食事

ハヤシライスとハッシュドビーフはどう違うのだろう?

何となくのイメージだが、ハッシュドビーフは、本場仕込みの欧風料理で、ハヤシライスは日本人の口にあうように改良された洋風メニューと考えていた。

ネットで調べてみると出るわ出るわ、たくさん情報がでてくるのだが、どれもこれだという決めてがないのだ。

ハッシュドビーフとハヤシライスは同じだという説もあれば、全く違うと言う説もあるのだ。

結局、わかったのはハヤシライスの色々な命名の諸説だ。

ハヤシライスの命名には、最も多いのがハッシュドビーフ説で、ハッシュとは肉を細かく切ると言う意味で、細切れ牛肉を煮込んだ料理にライスを添えたハッシュドライスが、「ハッシュライス」「ハイシライス」「ハヤシライス」と名前が変化していった説だ。

ハッシュドを縮めた呼び名で「ハシト」があるが、「ハシト」が「ハヤシ」に訛ったのは、明治時代には切り刻む事を「はやす」と呼ばれていた事も関係しているという。

もう一つの説には、ハヤシさん命名説だ。

ハヤシさんという人がハヤシライスを考案したというのだが、そのハヤシさんも2人もいるのだ。
1人は明治9年に「上野精養軒」でコックをしていた林さんが、従業員のまかない料理として、余った牛肉と野菜で作ったという説で、この料理が好評で、やがて店の看板メニューになったという。

もう一人の林さん説は、丸善の創業者の早矢仕さんで、早矢仕さんは福沢諭吉の門下生で福沢諭吉は明治維新から牛肉を食べ、まわりにも滋養があると進めていた。

その影響で早矢仕さんが作った牛肉と野菜のごった煮がハヤシライスの元祖だというのだ。

早矢仕さんが考案したきっかけは、勤務医をしている時に患者用の病院食として作ったとも、丸善に務める丁稚の夜食として作ったとも言われている。


しかし、いまだにどの説が正しいのかは判明していない。

果たして、ハヤシライスとハッシュドビーフは同じなのだろうか?

混乱したのは、ハウス食品が1989年に「ハッシュドビーフ」と名づけたルウを販売したことにある。

ハヤシライスよりもさらっとした食感に仕上げられていて、大ヒットした。

これに倣って他社も追随したのだが、まるでハヤシライスとハッシュドビーフが別物のような錯覚が生まれ、混乱を招いてしまったのだ。


結局は、ハヤシライスがハッシュドビーフなのか、それぞれの発祥を特定する事は不可能だった。

けれども、わかったことは、いつの時代も同じ様に調べていた人が板という事実だ。

母の日の食事予約
0

日本のソースは日本風にアレンジ  食事

日本人は醤油も好きだが、ソースも好きである。
しかし、本場のウスターソースは日本人にはかなり辛い。

日本のウスターソースは、果物や野菜などの甘味を加え、日本独自の味に改良して今日があるのだ。

ウスターソースはイギリスのウスターシャー地方が発祥だと言われている。

ウスターシャ地方の主婦が、余った野菜の切れ端やリンゴを胡椒や辛子などの香辛料と一緒に壷に入れて保存しておいたのが始まりだと言われている。

しかし、インドからイギリスに持ち帰ったインドソースが元だという説もある。

さらには、日本の醤油をヒントにして作られたという説もある。

いずれにせよ、ウスターソースが日本に入ってきたのは、幕末から明治にかけてで、最初は醤油だと紹介されている。

日本で一番初めに作り出されたソースも「新味醤油」として売られている。

日本でソースの生産が盛んになるのは。明治にはいってからでブルドッグソースが生まれたのもこの頃で、始めは「犬印ソース」として売られていた。

最初、日本人はソースを醤油と同じ用にドボドボかけて使おうとしていたが、とても辛く、日本のメーカーは甘味を加えて改良していった。

そうした開発のおかげで、しょうゆ感覚で使えるウスターソースは完成したが、イギリスのものとは、もはや別物であった。

昭和に入るとソースを使った洋食が流行って行った。


水で溶いた小麦粉にキャベツや具材などを乗せる関東では「どんどん焼き」関西では「一銭洋食」といわれた軽食が流行りこれが後にお好み焼きに変化して行った。

この時もお好み焼きはソースを使っている。

この時代のお好み焼き屋には、いかてん、えびてん、あんこ巻などがあるが、焼きそばもあった。


焼きそばは、当初は中国人が経営する中華街のお店で具たっぷりで売られていたのが、戦後、明治、昭和を通じて日本風にアレンジされ市民権を得て行ったのである。

その功績としては、やはり日本人の口にあったウスターソースの開発が大きいだろう。


食糧不足の時代には、甘くこってりとした濃厚ソースはどんなに美味しく感じられた事だろう。


昭和に入ると日清食品や東洋水産がインスタントの焼きそばを発売し、いずれも大ヒットしている。

それも屋台で味わえるソースの味をインスタントでも再現ができたからだ。

ソースというと西欧のものだと思われるが、今日本人が親しみ日常食卓にあふれているのは、名前はソースだが、日本流にアレンジされた「新味醤油」なのだ。

母の日の食事予約

0

焼きそばは何故ソース味なのか?  食事

焼きそばは日本人のほとんどの人が好きな食べ物の一つではないでしょうか?

しかし、何故焼きそばはソース味なのでしょうか?

地域地域では、所に寄り醤油味の地域もあるが、ごく少数である。

ソース焼きそばは、縁日などで見かけるあの香ばしさにはついつい買ってみたくなってしまう。

透明なパックに入り、申し訳なさそうにお肉と野菜がチョロット入っているだけなのだが、これが美味しいのだ。

こtれは、焼きそばの麺やお肉、野菜に魅力があるわけではなく、ジャージャーと音を立てて焼きあがるソースの香ばしい香りがいいのだと思う。


焼きそばの発祥の地は中国で、中国からアジア各地に広がり、その独特の味が生れている。

タイでは「パッ・タイ」、インドネシアやマレーシアでは「ミー・ゴレン」などだ。

しかし、どちらもその国に馴染みのある調味料を使って味付けをしているのだ。


それならば、日本では醤油なのだが、どういうわけか焼きそばはソースなのである。

日本に中華麺が伝わったのは幕末で各地の中華街で広まっていった。

明治の末期には「支那そば」として親しまれてきた。

関東大震災のあとには、支那そばを扱ったラーメンの屋台があちこちに立つようになった。


中華街には広東省出身の人が多く、広東省は中国でも焼きそばが普及した地域でもある。

焼きそばは、広東省出身の中華街から日本に普及していったのだ。

考案者が中国人だから、別に醤油味ではなくソース味でもおかしくはないのだが、日本国民が、その頃にもっとも馴染みがあったのは醤油なのだ。

それをソースにするというのも何か、別の理由があったような気がする。

中華麺を使った本格的な焼きそばは、海鮮が入ったり、肉、野菜がバラエティに入ったり、あんかけタイプなのもある。

つまりは、具材がたくさん入っているのだ。

この時の中華料理店の焼きそばは味付けが醤油だったかもしれない。

しかし、焼きそばが普及した戦後は、食糧不足で手に入りやすかったキャベツを使う事でボリュームを出す事を考えた。

しかし、キャベツを入れるとキャベツの水分で味が薄くなってしまう。

その為に味の濃いソースを使ったのではないかという説がある。


ソースといっても日本流にアレンジされたウスターソースだが。

ウスターソースはとんかつやコロッケなどにも明治末期から使われている。

昭和の始めにはソースをかけただけのごはん「ソーライ」が学生たちの間で人気だったという。

つまりは、味が薄まるからソースを使うのではなく、この頃からソース味が積極的に使われ始めたのではないだろうか?

確かではないが。

母の日の食事予約
0

仕事ができる人のランチ  食事

ビジネスマンのランチの取り方で出世する人、しない人がわかるというが本当だろうか?

テレビでマラソン中継をみていると、給水所でランナーがうまく水を補給できなかった時、残念そうな声を解説者が発することがあるが、聞いた方もみえるかと思います。

つまりは、長いマラソンの走りの中で水分補給ができなかったデメリットを考えての事なのだ。

つまり、ビジネスマンも長いビジネス生活を、これから何年も何十年も送るのに栄養補給は大事だという事だ。

出来るビジネスマン、出世するビジネスマンはキチンと昼食の時間をかくほしているのだ。

仕事が忙しくなってくると、ついついランチを軽く済ませてしまおうという傾向がある。

それも、時間に追われる週末になればなるほど、この傾向が強くなる。

ひどい人になると、昼のランチは「カロリーメイト」だけという人も中にはいるようだ。

これが仕事には悪影響を与えているのだ。

食事が十分に摂れない栄養不足から疲れやイライラを感じやすくなり、ランチの時間を減らして仕事をしているのに、結局、午後から仕事の効率を下げる事になるのだ。


これが、出世した人、仕事ができる人になるとガラッと変わってくるのだ。

出来る人達は、食事の内容は人それぞれでも、「何が何でも食事の時間は確保する」と全員が口をそろえて語るのだ。

机に座りながら片手で軽く済ませるというケースはゼロなのだ。

仕事ができる人達は、切り替え上手で優先順位をつける事が上手な人という印象がある。

時間もキチンと確保して栄養も考えながら食事をしているのが、仕事ができる人達なのだ。

ランチから、ビタミンCやカルシウム、マグネシウムをしっかり取る事でイライラやストレスも解消している。

健康的だからと、毎日同じ定食は食べてはいない。

健康的なメニューだと紹介されたからと言って、毎日通って同じ物を食べていればやはり体にはよくない。

それならば、日替わりならいいだろうと注文してもメインは日替わりでも副食の漬物や小鉢などがいつも同じでは、これも良くないだろう。


同じものばかり食べていると、メニューの内容はいくら健康的でもアミノ酸の摂取にかたよりが出てきて免疫力が低下したり、肝機能障害を招いたりする。

出世した人、仕事ができる人は、たかがランチ、されどランチで、必ずゆったり食事出来る時間をかくほし、栄養のバランスを考えた食事をしているのだ。

今からでも遅くない、そうでない人は仕事ができる人の食事に倣って出世をしよう。

母の日の食事予約
0




AutoPage最新お知らせ