2010/7/19

カイジ2アプリで設定差など確認しておこう  パチ・スロアプリ

パチスロにおいて設定差をいかに早く読むかというのは死活問題ですが、カイジ2でも設定差の読み方は当然あります。

設定推測のメインはボーナス合成確率と通常時6枚役出現率です。
単独ボーナス(単独青7ビッグと単独赤7・赤7・BARレグ)出現率と1枚役+ボーナス出現率に注目しましょう。

ビッグ・ミドル中のスイカ出現率にも設定差があるので、スイカ出現回数はカウントの必要あり。

RT関連は、ビッグ・ミドル後のチャンスゾーン間は低設定の方がRT突入割合が高く、通常時でのチャンスゾーンでは高設定のほうがRT突入割合が高い仕様です。
特に通常時でのRT100G・300G突入時は高設定の期待が持てます。

こういったことはまずカイジ2アプリを使って試しておきましょう。
とにかく勝つ為にはまず練習です。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ