2010/7/26

グローバル志向  

グローバル志向の高い学生ほど、内々定獲得率が高い
ある調査で、学生のグローバル志向と
内々定獲得には正の相関関係があることがわかったそうです

2011年4月入社の就職活動を行っている学生に
希望勤務地について尋ねたところ
「海外で働きたい」は10.1%
「海外で働いても良い」は37.6%となり
海外を視野に入れている学生は合わせて47.7%だったそうNo.1!

また、男女別に着目すると、
グローバル志向を持っている割合は、
男性56.5%
女性37.9%と
18.6%の差が見られ、
「日本国内の地域限定で働きたい」
と回答した女性の割合は35.2%だったそう

さらに、学生の内々定獲得率に着目すると、
5月中旬時点で、内々定を得て就職活動を終了した割合は、
グローバル志向の学生が51.0%
国内志向の学生が37.0%で
両者の差は実に14.0%という結果に

企業は、海外企業との競争激化や、
国内需要の頭打ちという状況を受けて
海外に新たな活路を見出そうしています
今後、新卒採用では国籍を問わず
グローバルで活躍できる人材を求める傾向が強まるのではないでしょうか

0

2010/7/1

外国人採用  

またまだ就職難が続いていますが、
最近は外国人採用を増やす企業が相次いでいるそうですね
国内市場で成長が見込めず、
アジアや新興国で事業を強化するためだそうですが、
日本の大学生の前途はますます厳しくなりますね

企業によっては採用枠の半分、または8割も
外国人採用にあてるところもあるそうです

海外に進出するための即戦力として
外国人を採用するのもわかりますが、
新卒者にとっては協力なライバルとなりそうですね
0

2010/5/31

就活セミナー  

就活セミナーっていろいろ開催されていると思いますが、
なんと、学生だけでなく、
その親を対象としたセミナーまで開催されているそうです

最近は希望の起業に就職が決まらず、
就職浪人する学生が大幅に増えているそう
更には、それを後押しする親もいるそうで、
このような親向けのセミナーが開催されているそうです
就活の基本知識から我が子の内定の為に親ができる事などを
具体的に教えてくれるとのこと

今は就活にも親が参加する時代になってしまったんですね
0

2010/5/13

一般職  

ここ数年、一般職を希望する男子学生が増えているそうです

今では女性でも総合職でガンガン働いている人もたくさんいて
仕事に男女は関係ない、と思いながらも、
一般職と言えばやはり女性の仕事、というイメージがあります
確かに一般職でも男女の制限があるわけではないので、
問題ないことだとは思います

ですが、男子学生が一般職を希望する理由としては、
一般職は転勤がないので、自宅から通える、
総合職は競争率が激しいので、それを避けるため、
など消極的な理由が挙げられるそうです

これまでそういう人は派遣会社に登録したりていたそうですが
今は派遣切りなどもあって不安定ですよね
なので、とりあえず安定した正社員の一般職、に辿りついたのでは、という話

ここでもやはり草食系なんですね・・・
0

2010/4/12

就職予備校  

就職予備校って聞いたことありますか?

未曾有の不況で大学生の就職内定率が過去最低となった昨年度の就活戦線。
苦戦する先輩の姿に危機感を抱いた新大学4年生が、
就活を支援する「就職予備校」に通うケースが増えているそうです=3
昨年に比べ入校生が大幅に増えた予備校もあるそうで、
学生からは「大学やOBに相談するより頼りになる」という声も聞かれるそうスピーカ
背景には学生一人一人の相談に対応しきれない
大学の不十分な支援体制もあるのかも?

大学の就職支援課は1カ月先まで予約がいっぱいで、
相談に乗ってもらえる状況ではないそう汗
また、OBに話を聞いても、ここまでの不景気を経験したことがないせいか、
アドバイスに具体性がなく、役に立たない、という意見もあるそうですドクロ

就職予備校は、大学生や転職を目指す社会人を対象に、
企業に人事指導する採用コンサルタント会社の勤務経験者など
人事のプロが講師となって、就職活動の要点を徹底的に指導が受けられる花丸
模擬面接を繰り返し、内定獲得まで回数無制限で
エントリーシートの添削が受けられるコースもあるそうですメモ

もちろん、費用は安いとは言い難いものですが、
その後のことを考えれば、未来の自分への投資となるのでしょうか・・・フラグ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ