花の口づけ  

雪こそ降らないものの、寒い日が続く。

1月〜2月にかけてが一番寒いと聞く。私の居る地区は年に1度〜2度雪が降れば良い地域で、除雪などとはまったく縁がない。

テレビなどでよく除雪や長靴やブーツを履いて積雪の中をおぼつかない足取りで進んでゆく人々を見る。大変だとは思うが、私にとってはとても羨ましい事である。

何度か言ったが、北海道へ行った時はあまりの雪の多さに驚愕。寒さはあまり感じないのが不思議なところで、周りが雪景色なのになぜか心が温かかった。

スキー場も雪景色ではあるが、魅力を感じない。スキーは好きーだが、あまりにも整った景色である為全てが人工雪に感じる。

雪で作るかまくらというのは、本当に暖かいものなのだろうか。入ったことが無いのでわからない。
自然の雪で作るかまくらもまた、私にとっては夢の一つである。


年末と年始は久々に風邪?を引いていた。私にとっては珍しい長期間、ざっと五日くらいだろうか。
喉から始まり、喉に終わる。一度治ったとおもいきや、喉から鼻に移る。

今年の冬は寒くなると春頃から感じていた。夏の気候が特徴的だったので予想通りといったところではあるが、少し油断したか。

風邪より花粉症を疑ったりしたよ。常備薬の風邪薬を飲んでも効かないし、熱は無いが食欲はある。少し喉が辛かっただけで、あとはいつもと大差はない。

他に考えられる事と言えば、今年はとても黄砂が多い。空気が乾燥している分、よく舞う。

年始から車を乗り回しており、いたるところで「とんど」でもやっているのかと思う程空がかすんでいた。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ