ソーラーフロンティアの魅力  太陽光発電

ソーラーフロンティアは、太陽光発電システムのメーカー、名前からして、海外の企業かと考えられがちですが、純日本の企業です。

太陽光発電業界への参入も最近なので、耳馴染みのない人も多いでしょうね。

しかし、こちらのソーラーフロンティア、他の業者にはない、大きな強みを持っています。

それが、CIS薄膜太陽電池と呼ばれる新しい太陽電池のシステムです、こちらの電池、従来のシリコン系太陽電池よりも安価なのです。

しかも、化合物系ながら、シリコン系よりも、発電力が高く、電力に関しても波が無いので、日陰のような環境にも強いのです。

とは言え、こういう感想を持つ方もいるかも知れませんね。

「新システムは、いくらでもでてくるよ、でも、結局、開発や改良資金が足りなくて後発メーカー消えていくんだよね。」

確かに、後発メーカーの泣き所は、シェアが小さい上に、少ない利益をシステム開発につぎ込まざる得ない事です。

これが上手くいかないと、折角の新システムも性能を活かせず、淘汰されてしまうものです。

しかし、ソーラーフロンティアに関しては、その心配はありません、というのも、この企業には親会社がいるからです。

それは石油会社の昭和シェルで、100%資本を出資しているのです。

ですから、CIS薄膜太陽電池の改良と開発に関しては、この大会社のバックアップを受けられるのです。

さらに、ソーラーフロンティアのCIS薄膜太陽電池の生産体制は、国内でNO1です。

現在、シリコン系モジュール電池の生産量がNO1のシャープのモジュール単価が低いのも、その量産体制が整備されている為です。

これを、ソーラーフロンティアに当てはめてみれば、今後、シェアが拡大するにつれて、CIS薄膜太陽電池の需要が増加すれば、、

より、高性能で、より安価なCIS薄膜太陽電池のソーラーシステムが完成する事になるのです。

ソーラーフロンティアは、この太陽電池に20年間の長期保障をつけていて、パワーコンディショナや接続箱にも10年保障があります。

こうして考えてみると、現在は後発に甘んじていても、将来には強い可能性があるメーカーです。

口コミ ソーラーフロンティア
0

ソーラーフロンティアの変換効率  太陽光発電

ソーラーフロンティアを導入した人の口コミとしては、以下のようなものがあります。

売電が電気代の3倍になった、毎月2万円の節約になった、初期投資の回収が10年以内で出来そう。

こういう良い評判を聞くと、余程、信じ易い人以外は、眉に唾をつけるものですよね?

「だって、ソーラーフロンティアって、最近出て来たメーカーだろ?」とか、変換効率は他社に劣るとか、

色々な疑問が出て来ると思います、実際にそういう口コミも存在しました。

しかし、この変換効率に関しては、実は、落とし穴が存在するのです。

京都府のSさんの口コミでは、このような物があります。

「変換効率が高い、高いと言っても、それは、公称発電力ベースの話なんですよ。

公称って、理想的な条件下ではって話で、そりゃあ、真夏なら公称発電を超える事もあるけど、下回る事もあります。」

このSさんの意見は、もっともなんです、実は、太陽光発電の発電力には、「公称発電力」と「実発電力」があるんです。

従来の太陽光発電システムでは、朝や夕、冬場には、太陽が照っていても、モジュールがこれを上手くキャッチできません。

これは、太陽の電磁波の長い波長のものを従来のシステムが上手く吸収できないからだそうです。

この公称発電力と、実発電力の差額は、何と30%にもなる場合があります。

つまり、実際には、70%程度しか、従来の太陽光発電システムは、発電出来ていなかったという話なんですね。

ですが、ソーラーフロンティアのCIS太陽電池は、この波長の長い電磁波をキャッチできるのです。

また、CIS太陽電池には、光照射効果というものがあり、太陽光をあてる事で、10%近くも出力が増加するのです。

ソーラーフロンティアの実験によれば、従来のシリコン系の発電に比較しても、年で8%程、実発電力は高いそうです。

理論上は、大手の太陽光発電メーカーの変換効率に負けているソーラーフロンティアですが、実際はそうではないのですね。

口コミの内容は、全部鵜呑みには出来ない部分もありますが、この実発電力の事は本当です。

0




AutoPage最新お知らせ