2012/11/16

太陽光発電について  

近年は、地球温暖化の影響により、地球自体の温度が数十年前と比べてかなり上昇しています。その環境や資源に対する関心が世間にも広まり、原子力発電や火力発電に変わり太陽光発電が今もっとも注目されています。

太陽光発電とは、太陽の光を電力へと変えるものでごく自然的なものであるため環境や資源を壊すことなく有効利用する事が出来ます。

その太陽光発電を企業や家庭で利用し電気に変える事で地球温暖化などの環境破壊や資源を守る事になります。

去年、日本では、東日本大地震の影響で福島原発の損傷に伴い、放射能が漏れ出し地域住民の避難や離れた地域でも放射能が観測されるなど、安全面で大きな不安を与えました。

現在の日本は、原子力による電気発電が主流ですが、東日本大地震の影響を受けて政府は、2030年までに1400万世帯以上に太陽光発電を設置する事で環境に大きな好影響を与える事が出来ると明言しており、国を挙げて太陽光発電の導入を進めています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ