カレンダー

2016
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

掲示板

掲示板の設定が行われていません

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

鈴木早智子が活動再開 不倫関係否定し今後は「歌を軸に」

俳優・津田英佑(40)との不倫騒動により6月から活動を自粛していたWink(活動休止中)の鈴木早智子(41)が7日、都内で初の自叙伝『負けじ魂』(光文社)発売記念イベントを行い、芸能活動を再開した。津田とは「不倫ではなかったので、前と変わらずいいお友達」と改めて不倫関係を否定し、今後は「歌を軸にチャレンジしたい」と意欲的に語った。
相方・相田翔子との出会いからWink絶頂時代に起こした失踪事件、二十歳での初体験、Jリーガーとの恋愛、Wink活動停止などを初めて赤裸々に綴った同書を手に、久々に公の場に登場した鈴木は「緊張してます」と一礼。話題を呼んだヌードDVD出演にも著書で触れており「みなさんが聞いてみたいものとか、自分も整理整頓したいと思って書かせていただいた」と出版意図を報告した。

0
投稿者:taka

水嶋ヒロ、賞金2000万円辞退に苦慮「自分の環境をとても苦しく思っています」

俳優の水嶋ヒロが7日、本名・齋藤智裕名義で大賞を受賞した『第5回ポプラ社小説大賞』の賞金2000万円の受け取りを辞退した件について、自身の公式ツイッターで改めて見解を述べた。自身の行動を理解されない状況になることを想定した上で、出した結論は「表向きにやるより、陰に身をひそめながら理想の形で支援させて頂く方がいい」だったと明かしている。
 突然の事務所退社と作家活動宣言、その直後に処女作『KAGEROU』がいきなり大賞受賞、さらに歌手・絢香夫人と同時に公式サイト&ツイッター開設と一見、とんとん拍子で事が進んでいる水嶋。開設以来、ファンからの質問にフランクに答え交流を図っているが、開設3日目で初めて自ら賞金について言及した。


パソコンデスク おしゃれ インテリア 雑貨

0
投稿者:taka

「ご期待に添えず申し訳ないです」 小西真奈美が福山雅治との結婚報道否定

東京タワーに2010年11月3日、クリスマスイルミネーションがお目見えし、同日夕方、点灯式が行われた。点灯式には、女優の小西真奈美さん(31)や、音楽プロデューサーの小室哲哉さん(51)らが登場。冬季イベントの幕開けに花を添えた。映画出演者がシャンパンで点灯式を祝った
点灯式のイベントが行われるのは今回で14回目。重要なシーンに東京タワーが登場することから、10月末に東京国際映画祭で上映された映画「行きずりの街」(11月20日公開)のキャスト・スタッフもイベントに出席。
「娘をまだ連れてきたことがない数少ない観光名所なので、今年の冬は連れてきたい」(主演・仲村トオルさん)
「東京タワーは、明かりが付いているのを見るだけで嬉しくなる」(主演・小西真奈美さん)
「東京タワーは僕と同い年。長い間頑張っていると思う。あっち(墨田区)の方に若者(東京スカイツリー)が出てきているのが残念」(主題歌プロデュース・小室哲哉さん)などと東京タワーにまつわる思いを披露した。
カウントダウンとともに11万個のイルミネーションがいっせいに点灯すると、見物客からは「うぉーっ!」と歓声があがった。点灯は12月26日まで。
なお、11月3日発売の「女性セブン」(小学館)が、小西さんと福山雅治さん(41)が近く結婚すると報じていることについては、小西さんは
「とんでもないです。そんなめでたいことがあったらいいんですけどね。ご期待に添えず申し訳ないです」
と否定した。
パソコン インテリア 雑貨 家具
0
投稿者:taka

水嶋ヒロ、作家鮮烈デビューに「身震い」 賞金2000万円は辞退していた!

今年9月に所属事務所を退社した俳優の水嶋ヒロ(26)が1日、本名・齋藤智裕名義で執筆した処女作『KAGEROU』が『第5回ポプラ社小説大賞』の大賞を受賞し、都内で行われた発表会に出席した。作家として鮮烈なデビューを飾り、主演映画の初日舞台あいさつ以来、約2か月ぶりの公の場となった水嶋は「このような栄誉ある賞をいただき恐縮しております。大賞をいただけた現実に身震いしている。純粋に作品を評価してもらい嬉しく思う」と感慨深げに語り、今回の退社による一連の騒動についても謝罪した。なお水嶋が賞金2000万円を辞退していたことも明らかになった。
 賞金辞退の理由について新所属事務所A stAtionは、同賞が「新しい才能を支援し、ともに育つための文学賞」という意味合いを持つ点から、水嶋本人が「さらに多くの作品が生まれて欲しい」と有効利用を願ったためと説明。また今後については「(水嶋の)作家、クリエーター、そして俳優としての活動を、温かい目で見守って頂ければ幸いです」と正式コメントを発表した。
パソコン インテリア

今年の10月で25周年・・・

0
投稿者:taka

西武・中島、ポスティングせず残留=プロ野球

ポスティング(入札制度)による米大リーグ挑戦を希望していた西武の中島裕之内野手(28)が来季も残留することが29日までに決まった。前田康介球団本部長が28日に中島と話し合い、今回は残留することでまとまったと、この日明らかにした。
 前田本部長によると、中島の希望で28日のドラフト会議終了後に会談。同本部長は「彼と一緒に来年も日本一を目指したいと話し、その方向でやっていくことになった。人格、技術ともに必要な選手」と語った。
 中島は2012年には海外フリーエージェント資格を取得する見込みで、来季以降について、同本部長は「そのときに話し合いたい」と含みを残した。
肌荒れ

今年の10月で25周年・・・


0
投稿者:taka
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/21 
 
AutoPage最新お知らせ