2016/4/29

秀歌(64)坂井修一 角川10首より  秀歌読みましょう

四月からのN短選者のご紹介になるけれど、坂井修一さんは四年前にも選者をつとめていらした。坂井さんのことは前にも書いたけれど、私が今の詠い方になるきっかけを下さった方だった。四年前には理解しがたい方で今の短歌はこんなに変わったのだと、必死で学び直しをすることになって、やっとN短で佳作に採って頂いたことが勉強の自信につながったのだった。今度再びの選者としてどう見て下さるか些か怖い思いもある。夫人の米川千嘉子さんとともに「かりん」の歌人であり、AIの研究者として東大教授の理系歌人である。「角川短歌」一月号の10首から五首を引く

「地獄門」

地獄門おとづれて散る木枯らしの音にきこえて日本は地獄

上野山、根津谷、本郷七丁目 冬日の縁(へり)をくだりてのぼる

「講堂のトイレを貸せ」と老爺ふたりわれに寄りくる恐ろしきかな

学問のここは一丁目一番地 踏んでも踏んでも銀杏の落ち葉

ふうとつく五十七歳息ふかし付箋のさきがまだ揺れている

この歌の背景は上野から東大構内までの道筋で、私にはなじみの場所である。「地獄門」は国立西洋美術館の庭にあるロダンの彫塑。そこから程ない所に私は小一まで暮らしていたし、神田に越してからも根津には買い物に訪れ、本郷への坂の途中に東大のキャンパスや病院がある。一本向こうの道には鴎外記念図書館があって、坂井さんはそこでも歌会や講演に忙しい。五首目の深いため息は定年まじかの研究者の、でも全然終わらない仕事と世界への思いかしらと、まるで関係ないわたしなどが心配する。そんな気にさせる純粋な部分を持つ歌人ではないかと私はファンになっている。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ