2016/10/28

「NHK短歌テキスト」11月号  NHK短歌

一時東京で雀が減ったとか、みなくなったという報道がありましたが、皆さんのお家のあたりはどうですか。我が家のベランダは秋の実りと共に雀が寄り集まって賑やかに囀っています。といっても紫蘇の穂や露草の種が出来るためで、そういう小さな種が雀には良いのでしょう。鳩の口に合うような実や柿がなったりしたらカラスが来て大騒ぎになります。大抵の動物は好きですが、カラスに傍に来られるのは嫌です。(経験あり)
今頃の雀は冬の寒さと違って過ごしやすいのだろうか、とても元気で十羽以上が何だかんだとお喋りして種をついばんでいます。
夏の終わりに死にかけた小太郎も、元気になった代りに痩せこけて、それで身軽になったのか台の上などぴよんと飛び乗ります。さすがに15歳では雀を取ろうと云う気もなくて、羽音がすると顔を上げますが「なんだ」と言う顔でまた寝てしまいます。勿論両者の間にガラス戸はありますが。

「N短テキスト」11月号で佳作に一首とって頂きました。坂井修一選「読む」です。

海辺にて身内つらぬく夏の陽の痛みに耐えて読む「異邦人」    河野多香子

いろいろな本の「題名」が並んで、また心を読む、手を読むと言うような歌もありました。「異邦人」の「太陽がまぶしかったから」という突然の殺人を裏側に置きました。坂井さまありがとうございます。

前にも書いたようにテキストの佳作に知った人と名前が並ぶのは嬉しい物だと言うのは今回もで、ことに掲示板【風】のお仲間も佳作に入って喜んでいます。ツイッターなどで今月は駄目で悔しいと言っている方には、月に二首載ることもあれば半年なにも載らない寂しさに耐える時期もあったと教えてあげたいです。
9



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ