2017/2/24

椿の思い出(2)  短歌

私がこの小川町の地に越してきたのは小学校二年に上がる前の春休みだった。新しく建てていた旅館はまだ出来上がらず、ともかく住まいの方を急がして引っ越してきた。親は春休みと言う切の良い時ならば転校の混乱も少ないと考えたのかもしれないが、本来怖がりであった私は何も考えまいとして、建築の見物などしていた。二人の弟のうち上の弟は叔母の家に預けられ、下の弟は小さくてねえやさんに任されていた。
記憶しているのは、何日間かトイレが出来上がらず家から二分の学校や「主婦の友社」のトイレを借りたり、多分夜はお向かいの家のトイレを借りたのではということだ。そのときからお向かいの家の家族と友達になり、そこの娘さんが今弟の嫁さんである。

昭和29年ごろのお茶の水はまだ空き地も多く、大きな建物は大学と病院、あちこちに空き地があってわが家もそんな一角に割と広い旅館を建てたのだった。明治大学の向かいに主婦の友社があり(戦前からの建物だと思うが、今は壊されてその形をなぞって建てられたカザルスホールも日大に売却されてしまった。)その関係の土地がバラバラと近くにあった。家の近くでは「主婦の友の寮」というのがあって、古いアパートのようなものだった記憶はあるが、住んでいた人も知らないし今何になっているのかも分からない。私が小学校卒業の頃にはもう無くなっていたような気もする。
その割と広い敷地の入り口に大きな椿の樹があって、普通の真っ赤な椿が満開であったことと一斉に散って地面が真っ赤に染まっている記憶が二つ共に強く残っている。古くからの人に聞いても「知らない」というのは人の記憶はあてにならないという事だろうか。

そのあまりに赤というより紅の無惨な光景は、私を怖がらせ以来「椿」は嫌いという思いを抱かせてしまったらしい。大人になるに従って、ピンクの乙女椿、白い椿と出会ってすこしづつ嫌とは思わなくなったが、白侘助の清楚な姿に出会うまで「好き」とは言えないままであった。
転校当時一人ぼっち感(いじめとは違うのだが)にさいなまれたり、間口の広い家(旅館だから)の子というので「お大尽」といわれたりしたが、だんだん友達も出来て卒業時にはいっぱしの女大将であった小川小学校も平成5年に閉校になってしまった。

目を凝らし目白来ぬかと待つわれの目の前を椿ぽとりと落ちぬ      多香子
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ