2017/3/17

3,11のあと『Midnight Sun』再び  歌集

前に佐藤涼子さんの「Midnight Sun」をご紹介した時、前半部分の「震災詠」は改めてということを書いたが、私にとっては心の中にぐちゃぐちゃに詰め込んで解決のない「原発事故」のことを思うと、手を引っ込めてしまいたい気持ちにもなってくる。沼尻つた子さんの『ウォータープルーフ』米川さんの『吹雪の水族館』とからめて震災詠と言う物を書いてみようと思ったのだけれど、このブログの許容スペースを越えるだろうし伝えられる物でもないのだろうとおもった。

佐藤さんには前半はもう一度書きますと言ったので、『Midnight Sun』について少しだけ書いてみようと思う。震災時の緊迫した歌は何人もの方が取り上げてらっしゃるし、解説の江戸雪さんも「被災していない自分が」と書かれているように一時東北のフクシマの人でなければ詠んではいけないと言う風潮もあった。そして3.11から六年「風化しないように」といいながら「なかったことのように」飼いならされようとしている私達に、ぽつりぽつりと「原発」のニュースが齎される。でもそのニュースに関心を持つ人はどれほどだろう。
(1)より七首を引く

電気復旧「心のケアとか言う前に米と水だよ」テレビにぼやく

数量計の数値は一応見るけれど前へ行くしかない東北道

三月は踏絵のようでやすやすと踏んでしまえば良いのだろうか

五年目の一斉捜索 私の時は五日経ったら忘れて欲しい

「フクシマ」の表記の是非の話には口を出さずにカフェラテを飲む

時が解決すると言う嘘 逆さまのスノードームに雪を降らせる

泥舟をいつ降りようと勝手だが船は揺らすな みんな沈むぞ

これらの歌は、ポツンポツンと離されて、3.11の被災の様子のなかに埋め込まれている。ひねくれたような詠い口は作者の受けた衝撃の表れと読み手はとるだろう。でもそれだけだろうか。

私は原発問題は「フクシマ」の問題ではなく、日本の、地球の未来の問題なのだと大きな声で言いたい。しかし何かが私に警告を発している。大逆事件を見た荷風が「花火」を書いて戯作者宣言をしたように私たちは歌にかすかな思いを沈める方法しか残らなくなるのかとも思う。「炎上」という言葉があって、それは突然燃え上がることがあり、私の指は言葉を選び迷いつづける。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ