2017/3/31

「NHK短歌テキスト」四月号と「うたの日」  NHK短歌

今月はNHK短歌の選者の方々は最終回ですが、テキストは二か月遅れの佳作が載りますからあと一回ありますね。私は四月号では佳作一首掲載していただきました。
坂井修一選「苦しむ」佳作

苦しみの「しみ」の部分がまだここに赤い錨のかたちに残る   河野多香子

坂井さんには講座では批判されるような作った歌なのですが、N短には多分すごい数が集まるので、目を引く歌が採られるのかなと思ったりしました。
ネットでも活躍している若い人たちは何年かするとN短を卒業していきますが、私のようにもう年だしなという無所属は新聞とともに楽しい投稿の場と考えています。

「ジセダイタンカ」の頁で天野慶さんが「うたの日」の紹介をしてくださいました。N短テキストにも「入選、佳作」ざっと数えて(本名で出していてわからない人もいますが)20人は「うたの日」に参加した人がいました。「うたの日」も1000日を越えて、大きな板になりました。何だか巨大掲示板とよばれた〇〇が凋落して行ったことにかさねて危惧するようなことも起きたりしました。
ツイッターの出現で(私はやらないけれど)広がった短歌クラスタが初めから長いスパンの流行ではないような思いでいることに(??)と言う気持ちでいたのですが、いまや新しく入って来る人達には「運営」が存在することとか「場を借りている」感覚が無いのかもしれないとあきれて見ています。でもせっかくの「場」なので長く続いてほしいと思っています。ちなみに天野慶さんは村田馨さんの奥さんでウィキをみれば書いてあるのに、ついこの間まで知らなかったと言うクラスタもいて(笑)でした。(短歌界は夫婦歌人の方々は多いですね)
四月号のテキストには「ペインクリニック」で香川ヒサさんが、いろいろ良いことを書いてらっしゃるので、読んでほしいなあと思いました。
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ