2017/4/28

五月人形と「毎日歌壇」掲載  毎日歌壇他

五月の節句「子供の日」は祝日だけど、お雛様に比べて五月人形はすこしいかめしく華やかさが足りない。昔は長男が生まれると、大騒ぎで鯉のぼりに兜や金太郎、鍾馗さんなどの人形を買ったり贈られたりしたものだけど、いまは男女どちらも飾る場所が無くて、売る方も鎧兜の良い物に力を入れているようだ。
家は弟の誕生の時でもまだ物は出回らず、初節句に親は古物屋さんに行って何かあるかと相談した時「これはさる御大家の坊ちゃまが立派に成人遊ばしたので、戦火にも焼けずこのような時代なので手放されたものです」と言う品を勧められて買ったのだ。それは中ぐらいの兜と、子供の遊びが出来るくらいの小刀、弓矢のセットに、背景として小さな陣幕が周りを取り囲む(その陣幕にも毛槍が立っていた)古びて立派な物だった。親も私達子供も「さる(猿)の五月人形」と呼んで喜んでいた。

4月3日付「毎日歌壇」米川千嘉子選で一首とって頂きました。

「ああ母が好きな野蒜」と封じたる記憶戻り来る朝の食卓   河野多香子

母のことを詠まなかった訳ではないけれど、これまでなぜか採られたのは一二首でした。私も作者=主体とは考えない人なので、むしろ本当の事を詠っても実感が薄い歌なのかとか思っていました。一度年齢をここにも書いて、「短歌講座」に顔出ししてから、すこし歌が年を取ったと言うか(自分ではそれが望ましい事ではないのだけれど)母の歌が初めて米川さんに採られて嬉しいです。
私の投稿は「野蒜」だけの括弧でしたが、手が入って初句から二句への心の中の会話文となっています。

4月24日付「毎日歌壇」でも米川さんに一首とって頂きました。

家電たち古びてくれば喋ってる事も本当なのかと怪しむ   河野多香子

一番最後の掲載でしたが、これも本当に家の冷蔵庫やお風呂は喋るし、洗濯機はピーピーいうしで、洗濯機の中身を測る機能が壊れて、目分量で洗剤を入れたり水の量を手動で変えたりしなければならなくなって、ついに買い替えるようになります。「本当なのかを」としていたのを「なのかと」と直していただきました。以前掲載時の添削の是非がネットでも話題に成っていましたが、さりげなく良い状態になっているのは良い事と思われます。ありがとうございました。
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ