2017/5/26

唱歌「夏はきぬ」  短歌

五月ごろになると公園などの下草に「卯の花」が咲き始めるのに会う事がある。山の方に行くともう少し遅く、色々な「空木」があって卯の花=空木であると知っているのだが、源平空木などとても卯の花と同じとは思えない。「夏はきぬ」の歌を口ずさむと、旧暦五月はひと月ぐらい遅れているのだなあと実感する。
しかし良く歌う「夏はきぬ」の作詞者が佐々木信綱ということはすぐに失念してしまう。(このごろ年のせいかいろいろ忘れていることが多い)明治29年「新編教育唱歌」に発表されて文部省唱歌ではないらしい。五番まであるが@AとDのみあげてみる。

「夏はきぬ」作詞佐々木信綱

@卯の花の匂う垣根に    A五月雨のそそぐ山田に
 時鳥はやもき鳴きて     早乙女が裳裾(もすそ)ぬらして
 忍び音もらす夏はきぬ    玉苗植うる夏はきぬ

D五月闇 蛍飛び交い
 くいな鳴き卯の花咲きて
 早苗植えわたす夏はきぬ

「美しき日本の歌」の本にもあるが、歌詞は今の人には大人でもむずかしい。そのためによくある誤解やパロディも出てくるのだろう。「赤とんぼ」の「おわれてみたのは」の「背負われる」という意味を「追われる」と思ったり、「赤い靴」は人さらいの歌だと思ったりするようなものだ。時鳥は「ほととぎす」鳴き声はは「特許許可局」と教わったが、そう思って聞くとそうもいえるし、ただ聞いても節の付いた鳴き声だなあ、というところかも。

「夏はきぬ」と言うとCMにもあったような気もするが、「絹ごし豆腐」を思ってしまう。冷奴で食べるにはあのつるっとした感触が良いように思う。「来ぬ」きぬとよんで「ぬ」は完了の助動詞。夏が来たなあが本当。

夏は絹、冬は木綿と覚えたがどうやら母にだまされたらしい  多香子
3



2017/5/31  21:04

投稿者:多香子

真香さん、コメントありがとうございます。
新聞歌壇の方も、こちらにお礼申し上げます。でも、真香さんのN短佳作数の方がすごいかも。私は去年のつきが凄かったので、今年は多分ゆるゆると思っています。
「風」の方に人が増えて、地道に頑張ろうと思っているのですが、つい投稿もあれこれ手を出したりしています。またよろしく。

2017/5/31  19:26

投稿者:真香

ご無沙汰しております!
絹ごし豆腐とそれにまつわるお歌、というオチに思わず笑ってしまいました(笑)
「夏は来ぬ」昔から大好きな歌です。そしてこの歌のおかげで「完了の『ぬ』」の用法を覚えられたようなものです。
ちなみに結社・心の花の宴会のお開きにはこの歌を合唱するようですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ