2017/6/30

「NHK短歌」テキスト七月号  NHK短歌

今年は空梅雨だとか水不足だとか言われているけれど、そういう事は何度もあって、今まで何とか凌いでこれたのだなあと思います。
確かに北の丸の紫陽花もなんだか花付きが悪いような気もしました。梅雨の終わりには必ず豪雨になって、被害も大変なのだけどすぐに忘れてしまって、あのヘリコプターに吊られて救助されたのはいつ何処のことだったろうなどと思うのです。

四月交代のN短は、永田和宏、大松達知、黒瀬可瀾、佐伯裕子(胸キュン)各氏で、もう三ヶ月経ちました。私が投稿始めてからも永田さんが二回目、佐伯さんも何回も胸キュンを担当されているのですが、大松さん、黒瀬さんは初めてです。選者にはご自身の歌風と、選歌の他にその媒体の希望と言う物もあるのかしらと思うのは、N短が全国放送であり、老若男女、津々浦々に浸透したいと言う感じを受けているからも知れません。

テキスト七月号の「胸キュン」佐伯裕子選「深い」で佳作に一首採って頂きました。

木苺の赤より深い馬の目よ 今日一日をきみは元気か   河野多香子

佐伯さんは平成24年に「胸キュン」が始まって初めて佳作に取って頂いて以来、何首か佳作で「風信子」の筆名で載っています。途中梅内さんの時か「多香子」になって、栗木さんから「河野多香子」と苗字付にしました。1〜3週の選者さんには前から苗字付筆名です。

「胸キュン」はネット投稿だけと初めは若い人を想定していたらしいのですが、五年経った今佐伯さんが復帰して(また一年交代かもしれませんが)「若い人だけでなく、年の人の新鮮な歌も」求めていると書かれているのは心強いです。でも「うたの日」の人が々毎月どの欄にもづらりと並んでいるのは、N短自体が若くなりつつあるように思われます。
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ