2017/8/25

「伊勢物語 2段」と文法  古典(伊勢、源氏など)

短歌を始めた方で「文語は文法がわからなくて」と言う方が居る。私達「国文」系だったり、古典大好きだとかだと、忘れた分だけ調べれば済むけれど、そうでないと(年をとっても)勉強の仕方が分らないと言う声も聞く。「伊勢物語」二段の一部を原文と訳で少し載せてみようと思う。
二段は、西ノ京に住む女のところに男が出かけて行った。世間一般の女より優れた人だった。以下原文を付けて、訳を並べてみよう。

かたちよりは心なむまさりたりける。ひとりのみもあらざりけらし。それをかのまめ男、うち物語らひて、かへりきて、いかが思ひけむ、時はやよひのついたち、雨そぼふるにやりける。

(容貌も美しいが、心の優れた人だった。一人身の人ではないらしかった(つまり人妻であった)のに通って行って情を交わし、帰ってきて、女の元へ何を思ったのか文を送った。三月の一日で雨のそぼ降る時だった)

おきもせずねもせで夜をあかしては春のものとてながめくらしつ

(起きているとも眠ってしまう事もない状態で、あなたと夜を過ごしたので、帰ってきてから長雨を眺めながら、ぼうっと春のもの想いにふけっています)

私の原典は「伊勢物語精講」池田亀鑑著(学燈社)で昭和37年七版のものだから今では手に入らないだろうが、大学受験参考書と大学の授業用だったのではと思う。今でも有名な古文の受験参考書は作品ごとに出ているだろうと思う。「伊勢」を例に取れば原文の抜粋に、上段か下段に現代語訳。原文の後ろに語句の文法と解釈、そして時代背景などの注釈がついている。
上の二段では「やりける」は文を遣わすことだとか、「ながめ」の掛詞、暮らしつの「つ」は完了の助動詞「つ」の終止形、動詞の連用形に付くなどと書いてある。

歌を始めた人が「文語」を覚えたいので、先人の文語の歌を読んだり書き取ったりすると言うが、私は平の文ごと習った方がずっと身に付くと思う。「源氏」は長くて難解であるが「伊勢」は短くて歌物語だからとてもいいテキストになると人にも勧めている。
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ