2018/4/27

秀歌(76)真中朋久「角川短歌」三月号より  秀歌読みましょう

真中朋久さんは塔の選者で1964年茨城生まれ、京大地球物理学修士というからいかにも「塔」だなあと言う気がする。天気予報士の資格も持っているが、防災工事などの現場仕事にかかわっていたようだ。私は「塔」誌で少し歌を読んだ位であまり知らなかった。四月から今年の「NHK短歌」の選者ということで、興味を持って読んだ「角川短歌」三月号の巻頭十首から五首を並べてみた。

「みずたまり」

とびこえるほどにもあらぬみづたまりきれぎれにそらをうつしてひかる

申しわけないがなにゆゑいきどほりゐるかわからず目を伏せて聞く

われをしも悪鬼のやうに言ふひとよ言ひつのるひとのうしろ背の闇よ

もうわすれてくださいといふこゑなどもありありとみみのそこにのこれる

大風呂敷たたまぬままに飛ぶ鳥の明日はかの人も辞めてゆくとぞ

この十首一連は職場の中でのいさかいを暗示して、作者もその相手も大人げない事という気持ちはあるのだろうが、「仕事」の中身が描かれない以上「肌の合わない」もの同士が一つ場所に居てしまった不幸のようなものを感じる。これは一種の男歌で、女同士はもっと陰湿になるから歌にはしないような気もする。(私の読みすぎだろうか)
そして私もいろいろ考えることはあるけれど、こういう憎み合いの様な歌は好きではないが、見せかけの優しさの歌よりも自分の立場を守るための戦いの歌としたらいっそいいのではないかと思った。読みにくいかなの羅列にも技巧が込められているのだろうと言う気にもなった。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ