2018/5/18

大風邪をひきました。  

クリックすると元のサイズで表示します


先週季節はずれの大風邪を引いてしまって、あまりに咳が奥に入ったなとお医者に行きました。我が家では軽い風邪は医者には行かずに過ごすのですが、インフルエンザの季節などに一家中罹患してまあ大変ということがあります。この前は四年位前の冬のインフルエンザでしたが、今年は季節外れなのに息子から始まってインフル並の強い風邪でした。確かにゴールデンウィークのころに気温の寒暖の差が激しいのは毎年の事ですが、今年は四月ごろから「暑い」を基本に「寒い」にすとんと落ちる回数が多かったようです。

診療所では風邪ひきの人であふれていて、一時間半待たされるし、具合は悪くなるし、何とかしてほしいと言う気分にぐったりしていました。お医者は「肺炎のなりかかりというところなので、きちんと抗生物質を飲んでください」といいました。いつも嫌がる私ですが、さすがに「はい」といいました。母の居たころは二人で熱を出すと、自分は解熱剤なりで我慢して母の看護優先でしたが、いま母がいなくなったら(主人は今回軽かった)私が年寄りの肺炎注意の人になってしまったとしみじみ思いました。
この文を載せる頃にはもう治っていると思います。22日付で歌集も出来上がるでしょう。「見本本」の写真を載せますのでご覧ください。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ