2018/5/25

「NHK短歌テキスト」六月号  NHK短歌

第一歌集『古今さらさら』が出来上がりました。ISBNのついた本屋回りの本なのですが、たぶん注文が無ければ本屋さんに並ぶことはないのではとよく分らないでいます。それは多くの方に読んでもらえればと言う気持ちはあります。老舗出版社から出しましたので、あまり安売りしてしまうのも(自費出版だから良いのだそうですけど)どうかと、少し考えています。有名な先生でも自分の分は手売り(自家通販)の方もあって、税は除くことが出来ます。(何か未だ五里霧中です)

「NHK短歌」のテキストは六月号から新選者分の掲載です。昨年度は殆どとられなかったのと、NHKが若い人にウェイトを置いているようでどうしようかななどと思ったのですが、違う選者の眼も通ってみたいと(相性もあるでしょう)続けて投稿しています。
今号で東直子選「会話」佳作に一首掲載されました。

ガラス越し雲と会話をしたそうに窓にはりつく十階の猫   河野多香子

東さんに選歌されるのは初めてです。「かばん」の同人で今かなりの「力」のある方です。広島生まれ、54才、穂村弘さんと若い人の口語短歌のけん引役として、「歌壇」や「短歌研究」の新人賞の選者も務めます。「書肆侃侃房」の企画シリーズなども早くから監修人に当たり、以前は若い人の感性としか合わないのかな、と思って来たけれど今回の(二度目らしい)NHKでは文語旧かなの歌も採ったりして、すこし変ったかしらとも思われます。私には無理と思っていたけれど、採って頂いてちょっとうれしいです。東直子さま有難うございました。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ