2018/6/8

六月の歌  短歌

六月は梅雨とはいえど嘘でしょうと言うくらい「水無月」は(みずなしつき)で、近年じめじめした雨の日が続くと言うのは少なくなっている。その分メリハリの利いた豪雨などがとんでもない被害を齎したりする。去年もひどかったと思うけど、一年中何かしら起きているので個々の事例は忘れられていく。
今年の紫陽花は早く咲いて後はどうなのという声も聞かれるが家の「隅田の花火」というガクアジサイもすっかりひらいてしまった。六月の歌はその梅雨時の晴れ間を詠んだ歌七首。

「梅雨の晴れ間に」

夏近く「サツキ床屋」の奥さんがゴーヤのカーテン仕立てはじめる

紫陽花の陰で遊んだおさない日お相手はいつもウサギとくまさん

午後六時、夕焼け空も薄れゆく 口づけしましょう明日も晴れる

「勇気ある撤退」などは出来ないで、夕顔の恋に絡まれている

水無月は何とつまらぬ夢だろう 首かすかに振る薔薇の葬列

垣根にはクリーム色の薔薇が咲き「日が伸びたね」と隣家からの声

新しいほうへ一歩を進めたい ゆりの樹の影すこし明るく

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「水」がテーマの合同短歌集「みずつき7」が出来ました。私も参加しています。
コンビニの機械で印刷できます。梅雨の季節のお供に是非。
★「みずつき7」 セブンイレブンネットプリント
予約番号【51065169】 A4/白黒/両面印刷/5枚/200円
【重要】★2枚を1枚→しない ★両面→短辺とじ
有効期限は、2017/06/18 23:59 までです!

★「みずつき7」 ローソン・サークルKサンクス・ファミリーマート ネットプリント
ユーザー番号【ZNWUJ3Y3TW】 A4/白黒/両面印刷/5枚/200円
プリントサービス→ネットワークプリント→文書プリント→「みずつき7.pdf」を選ぶ→設定/白黒/両面→横とじ
有効期限は、2017/06/19 13時頃 までです!
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ