2018/6/22

「一茶一会」と「文化堂」と言うお店  短歌

先月かもう少し前かにテレ朝(東京の場合)で「じゅん散歩」を見ていたら、神保町をやっていたはずなのに何か見たことのある場所(学校跡地)が出てきて、「一茶一会」というお茶の店に入って行った。その店は小さくて近いし(近くの店は滅多に入らないものだから)一度も入ったことがなかった。
テレビではカメラの角度かもう少し広い感じに映っていた。お店の人が「台湾のお茶の専門店なんですよ」と言っている。看板もよく見て見なかったから、普通にスタンドの紙コップ珈琲や紅茶で小さな椅子があるだけと思っていた。タピオカの入った飲み物とか、ジャスミンティーとか言っていた。食事物も少しあるみたいだ。別の日に通ったら店の外に「台湾茶」の大きな袋が飾ってあった。

その場所は昔は小学校の向かい側の角で「文化堂」というパン、駄菓子と学校用具のお店があったところだ。また思い出話になるけれど、小母さんと娘さんがやっていてご主人は勤め人だっらしく、私は記憶がない。小母さんはお婆さんとの中間くらい、昔の人は老けて見えたから幾つ位かわからないけれど、綺麗な人だった。
「文化堂」は私が小学生のころの店で、体操用鉢巻からコクヨのノート、図工用の粘土など学校で使うものは先生が「〇〇を持っていらっしゃい」と言うと親に言って「文化堂」で買う事になっていた。息子の時にはもう無かったから学校で用意した物を配布され、お金は引き落としだったような気がする。
そういうお店は他の駄菓子屋より少し格が高かったのか、PTAが申し入れたか、いわゆる駄菓子はなくて「ハリスの風船ガム」というのがせいぜい当たりくじのあるものだった。家は駄菓子屋禁止だったけれど、「文化堂」は行くことが出来た。

なんだか台湾の茶屋の話ではなくて、年寄りの昔話だ。そう言えば母は「戦前は台湾から」とバナナが豊富な時代を懐かしんでいたが、戦後生まれの私達はバナナが宝石のような時代の子供だった。そして台湾のお茶なんて飲んだ事も無かった。ネットの歌友が台湾留学や、旅行に行った食べ物の話をツイッターに載せるのを興味深く見るだけなのだ。

ほととぎす来鳴かぬ街の茶店にはタピオカの缶棚に並びぬ  多香子
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ