2011/1/15 | 投稿者: yk


宅建合格プログラムの詳細はこちら


Q この教材を実践すればどんなレベルでも宅建試験に合格することができますか?

A この教材、講座内の指導とメールサポートを活用して頂くことにより、
  確実に合格レベルに到達します。レベルは、初心者から基礎力が
  身に付いている方まで、 特に限定はしておりません。



Q 本当に1日30分の勉強時間で合格できるのでしょうか?

A 30分を、集中して勉強して頂くことができれば、
  かつ、毎日その集中した時間を確保して頂ければ
  合格レベルに到達できます。



Q スクールで教えてもらう 内容とどう違うのでしょうか?

A 勉強内容自体は、スクールで教える内容とほぼ同じです。
  違うのは、「問題を解くノウハウ」を最初から会得して、
  しかも毎日意識して学習できるか、です。

  スクール講座の試験直前期になって、
  (講師によって、講座によっては)教えてもらって、
  問題解法力を土壇場で身に付けるのかどうかです。

  ちなみに、スクールでも、早い段階から演習を毎講義終了時に
  取り入れ、解かす講座も存在します(私もそのような講座を
  担当した経験があります)。

  しかし、問題文のどこが引っかけであり、どこを気を付けて
  読むべきかは、受講生の方へ教える時間がないのが通常です。

  また、そのような解法テクニックは、どこのスクールも
  判で押したように、試験直前期の演習講座や模擬試験講座の
  解説講義時に、少し披露されるのがせいぜいです。


宅建合格プログラムの詳細はこちら




会員様の喜びの声

クリックすると元のサイズで表示します

1.宅建を受験しようと思ったのはどんな動機でしょうか?

現在は不動産業ではありませんが、将来的に不動産業界に入ってみたいと思っていたことと、一度合格すれば、権利がずっと続くものだったのでとっておきたいと思いました。


2.本教材(1日わずか30分宅建合格プログラム)を選ばれた理由は?

教材を毎日少しずつ持って歩けるのを探していたことと、質問ができることから
サンプルを見てみたかったのですが、なかったので、思いきって買ってみました。


3.いつ頃から学習を開始しましたか?

4月からです。毎日30分は必ず、コンスタントにやっていたと思います。
結果的に30分以上という感じになりました。


4.勉強を始めて一番大変だったことは何ですか?

さいごの方で、模擬試験を何回か受けたのですが、毎回合格ラインから少し足りない点しか取れず、勉強を重ねても点がのびなかったこと


5.悩んだことや楽しかったことなどは?

現実に自分が購入したり、売ったり貸したりする様を思い浮かべながら勉強ができて楽しかったです。


6.自分でやったマンネリ脱出法などがあったら教えて下さい。

計画表を作成し、いつまでにどこまで進めていないといけないと決めていたので、遅れる焦りを感じて勉強しました。


7.ご自分が工夫した勉強法などがあったら教えて下さい。

通勤電車は往復30分程度だったので、その時間と会社のお昼休み30分程度を合わせて勉強していました。


8.試験の直前期は、どのように過ごしましたか?

ひたすら問題を解いていました、。苦手な暗記関係も直前につめこみました。


9.合格発表を受けてどう感じましたか?

ぎりぎりの合格点だったので、大手予備校の予想からダメだろうと思っていましたので、嬉しかったのです。
努力が報われた思いでした。


10.この教材を使って、またメールサポートを受けたご感想を教えてください?

メールサポートはすぐにお返事をいただけて助かりました。教材も分かりやすかったと思います。
持ち歩けることから、勉強もしやすかったと思います。


11.これからの抱負(何かまた目指そうとされるご予定があれば)があればお書き下さい。

土地家屋調査士かマンション管理士を取りたいと思っていますが、今年はひとまず受験しない予定です。


宅建合格プログラムの詳細はこちら






0

2011/1/15 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ