2012/12/2

一年間はあっという間  

どうも\(^o^)/
たまです(´・ω・`)


自分のコーナーまで持たせてもらい
書きたいことも特になく
カメラのテクニックやうpもそんなに早くない
むしろ更新が遅いのはどうなんですかね・・・


そんなこんなで1年経ってしまいました。
残念ですなぁ(-_-)
3年生はこれから就活らしいですよ!!!!!!

今年は誰がやるんでしょうかね(笑)
まあなんとかなる精神で頑張ろうと言っております。



こんな閉め方しかできませんが、最後に一言。


『写真をとった後に「うわ〜アタシ写真うつり悪いな〜」とか「私ってほんとブスだな〜」と言うのは、自虐とか謙虚とかそういう類の話ではなくて、本来の自分はこの写真よりも上だという逃げ道を作るための発言なので、「そんなことないよ、普段より可愛く撮れてるよ^^」という言葉を唱えると相手は死ぬ 』
0

2012/11/13

なんかときめいてます。ミ。  

どうもたまちゃんです。
クッソくだらないライトノベル風中二病短編小説は休載です。


今、桜庭一樹の本にハマってます。
1年前くらいに放送してたGOSIC(アニメ)というミステリー小説から入ったのですが
GOSICよりも面白い本たくさん見つかりました。
アニメはゴスロリな女の子が頑張っていたのでみなさん一回見てみましょう。
OPを歌っていたのは吉木りささんです。
私はそんなに好きじゃない吉木りささんです。
意外と良い曲なのでみなさん一回聞きましょう。


そんなこんなで先週末アイドルの握手会に行ってきました。
AKBじゃないです。9nineです。

佐武宇綺
西脇彩華
吉井香奈恵
川島海荷
村田寛奈
の5人からなるガールズユニットです。

私は海荷ちゃんが大好きで大好きでどこに住んでるかまで知ってしまいました。
最寄駅なら知っています

当日、現在放送中のドラマ『キョンシーガール』のコスプレ、チャイナ服を着て
登場した海荷ちゃんは天使でした。
握手をして少し話したらもう可愛くて可愛くて・・・・

初めて人を「傷つけたい」感情が生まれてしまいました。
引き換えに、「守ってあげたい」気持ちも生まれました。

そんな9nineのニューシングルは明日発売です。
一度聞いてみるといいでしょう。

そして最近はゲームセンターに通うようになりました。
QMAというクイズゲームをずっとやってます。
スポーツ・アニメ・芸能・理系学問・文系学問・・・

とにかく難しいです。バカだから全然進みません。
こんなゲームどこが楽しいのかわかりません。
しかし楽しいです。
ゲームセンターなんて通う歳じゃない人も一度プレイしてみてください。

そんなこんなでもう11月の真ん中ですね。
外はだいぶ寒くなって、大学生の男の子はマウンテンパーカーを着ています。
カッコいいですね。好きです。

風邪ッぴきなのでそろそろおねんねします。
さらばです(´・ω・`)ノシ
0

2012/11/2

きっとこの世界の共通言語は  


前回、団地の家に行ったものの、団地は留守で知らない人が住んでいた。


このままではオープン会場に向かうこともできない。
とりあえず歩くか……
白山ー千石ー巣鴨ー西巣鴨ー新板橋ー板橋区役所ー板橋本町へと歩いた。

板橋本町……
誰か住んでいたような……

オカシイ、顔も浮かんでいるのに名前が思い出せない。
性別も学年もわからない。
だが、誰かが住んでいたのは覚えている。

思い出せずに板橋本町を歩いていると見覚えのある顔が!!

??「よっ!こんなとこでなにしてんの??」
!!!!?!! こいつだ!!名前は覚えてないがサークルにこんな奴いた!
??「お前今日担当じゃないの?早く行って来いよ。」

なんだろう。こっちは名前も憶えてないのに向こうは覚えていてくれた。
感激であるっ!
こんな世界になって初めて自分の存在に気付いてくれた人間だ。
もう一度言おう。感激であるっ!!

事情を伝えると彼はこういった。
??『え?三田線動いてるだろwホーム無くなるわけないじゃーーん(笑)』

そう言われて彼と一緒に三田線の駅へ向かった。
ホームはある。確かにある。だが、決定的に違うところがある。

出発駅が板橋本町になってるのだ

おかしい、おかしすぎる!!

??『どうしたの?早く行って来いよ。』
『おかしいだろ、なんで板橋本町からなんだよ。』
??『ずっとそうだったろ?三田線の駅も忘れたか?ド田舎民乙です。』
気に障る。こいつキメェな。

やっと会場に行ける。彼と別れて電車を待っていると彼は改札の向こうから
こんなことを言った。

??『この世界には秘密がある。』

ありがとうよ。名前もわからない人。彼も秘密を知っているはず。なぜ隠す?
だが、やっとこれで会場に行ける。

電車は珍しく誰も乗っていなかった。
となりの車両にも人がいない。
少し不安になりながらも、シートに深く腰を下ろした。

段々と会場が近くなる。
志村坂上を過ぎて地上へ上がった時にいつもと様子が違うことに気付く。


『建物が一つもない・・・』


第三章 彼
0

2012/10/16

風の輪が広がる^^  

白山駅のホームが無くなっているのだ\ドドドドドドドドド/

おかしい、なにかがおかしい!
おっさんの(お前だけが頼り)ってどういうことなんだ?

駅員に聞いてみることにしよう・・・
てくてくてくてく

・・・いない・・・だと

駅員がいないのは仕方がない、ここで待ってることにしよう。
5分・・・10分・・・

それでも来ない。駅に人間がいない。自分しかいない。

とりあえず外に出てみることにしよう。
suicaをピッっとした時、テローン、
もう一回
テローン、

出られないじゃないか


仕方がないので改札を飛び越えて外へ出てみる。
外には普通に人がいるみたいだ。一安心する。


白山駅にホームがないだけならば、千石から乗ればいいじゃないか。
天才ですから(笑)

千石駅へ向かう途中、family○artで飲み物を買おうとした時
新聞の1面に衝撃的な文字が印刷されていた。

(2018年10月16日)

今年は12年だぞ〜印刷ミスか!?さすがスポニチだな。
大正義読売新聞を手に取ってみても18年と書いてある。

なんでこうなったんだ???


急いで千石駅に足を運んだが千石駅は無かったのだ。
巣鴨に走ったがやはりなかった。

道行く人に尋ねてみることにする。


なにも答えてくれいない。どうやら自分気付いていないようだ。
まるで自分だけが取り残されたように・・・


白山まで戻ってみるが学校は人がいっぱいいるから嫌いだ。
そうだ!団地の家に行ってみよう。

団地の家に着き、チャイムを押す。
団地はテニスに行っているはずなのに、中から声がする。
女の声だ!!!怪しい・・・

「団地、あけてくれー!!外がオカシイ!!!」

・・・

「団地!!!松原!!!!」

「私は松平よ!!松原さんならもう引っ越しましたよ」

ファッ”  

第二章 空白
0

2012/10/4

水面が揺らぐ〜  

(ガタンゴトン…ガタンゴトン……)
『次は白山〜白山〜〜東洋大学第一キャンパスへお越しの方は、こちらでお降りください〜白山〜白山〜〜』


!?はぁ!?
『ここは、白山??』
朝の駅構内は、スーツ姿の若い男性から顔も頭皮もお疲れな中年男性、
ピッチピチスーツの若い女性からピッチピチ(笑)お若い(笑)おねーさま
東洋大学へ向かう大学生で溢れかえっていた。

『なんだ?まだ白山か。』
俺は、乗ってきた電車の中でどうやら眠っていたらしい。
普段は通勤ラッシュで座れない三田線も今日だけは一つ席が空いていたのだ。
幸か不幸か、そこは優先席だったのだ。
周りの目は痛かったが気にしない。座らないほうが反って邪魔になるじゃないか。

周りの音が目覚ましになったのか、白山で起きて間違って降りてしまったのだ。
これから忙しいのに災難だぜ。ふぅ……


これから会社へ足を運ぶ大人たちは改札方面へ
間違えて降りてしまった俺はホームへ向かったのだ。

昨日は遅くまで飲んでいたのだろうか?
すれ違った大人からアルコールの匂いがした。
お酒は好きだが、他人から臭うアルコールのなんともいえない悪臭は我慢できない。
すれ違う瞬間に俺は嫌そうな顔をした。人間だもの、仕方がない、

この顔を相手に見られていたのだ。

『おい、そこの学生!!!ちょっとこっち来な!』

最初は自分のことだと気づかなかった。
足音と声が明らかに近づいている。

あと10M
あと5M

3
2
1


(オマエだけが頼りだ。)


おっさんは小さな声でこう言って改札を出ていった。
なにがなんだかわからないが、気分が最高にわるい。
なんて日だ!


お手洗いで用を足して目的地へ急ぐ。
『やべぇーよ!やべぇーよ!連幹に怒られるンゴwwwwww』


ホームへ向かう途中異変に気づく。
俺の体に??いや、俺の体はさっき用を足して大丈夫だ。



明らかにちがう。なにかがちがう。
来る前と決定的になにかが………



ホームがなくなっているのだ。

第一章 消失
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ