2016/10/26

盛岡を歩く その2 光原社  おでかけ

 「いーはとーぶアベニュー」に戻り、土蔵のような白壁の光原社本店にはいる。高価そうな手づくりの物品は買えないけど、せめて見るだけでも。

クリックすると元のサイズで表示します

 光原社はもと出版社で、大正13年(1924)、宮沢賢治の生前唯一の童話集『注文の多い料理店』を発刊し、社名も賢治に「光原社」と名づけられたことでスタートした。創業者が、賢治と盛岡高等農林学校で、先輩、後輩の間柄だったからだ。当時、花巻農学校の教師をしていた賢治を訪ねた創業者は、賢治から膨大な童話の原稿を預かった。

クリックすると元のサイズで表示します

 二人の夢を乗せた童話集は、残念ながらほとんど売れず「注文の少ない童話集」になってしまった。しかし創業者は生涯、『注文の多い料理店』と宮沢賢治を語るとき、とても愉快な気持ちだったらしい。賢治という天才と知り合い、一冊の本を通じて(いーはとーぶ)の夢を見たことが、彼にとって幸福な想い出となったのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 中庭には、賢治の童話「烏の北斗七星」の一部を刻んだ石柱がある。

クリックすると元のサイズで表示します

 「あゝ、マヂエル様、 どうか憎むことのできない敵を殺さないでいゝように早くこの世界がなりますように、そのためならば、わたしのからだなどは、なんべん引き裂かれてもかまひません」

クリックすると元のサイズで表示します

 ↑和風な佇まいのこちらは、『注文の多い料理店』出版の地の石碑だ。

 賢治なきあと光原社は、鉄器の高橋萬治や民芸の柳宗悦、染色の芹沢けい介、版画の棟方志功などの知遇を得、出版の仕事から鉄器、漆器、全国各地の民芸へと業態が移っていった。

クリックすると元のサイズで表示します

 中庭は、西洋の農場風でもあり、

クリックすると元のサイズで表示します

 不思議なメルヘンの世界のようでもあり、

クリックすると元のサイズで表示します

 独特だけどしっくりくる、なんだか自然にうれしくなってくる、いい感じの空間だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 お店には2階もあったのか! うわ、行きそびれてしまった。壁のオブジェも面白い。

クリックすると元のサイズで表示します

 そろそろ夕暮れが近づいて来たので、「可否館」の看板に灯がともる。

クリックすると元のサイズで表示します

 手入れされた竹林と大壷のある庭をのぞむ、セピア色の空気が流れる喫茶店。私以外の客は、3名の大学生らしき、真面目な男子たち。

クリックすると元のサイズで表示します

 モスグリーンのベレーを被った寡黙なお姉さんがひとりで、おみせを切り盛りされていた。カンペキな世界ができあがっていた。ここにしかない世界だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 ホット珈琲に定番のくるみクッキーをいただいて、別世界のような喫茶店をでる。まるで本の中のような、うっかりすると本の中から出られなくなるんじゃないかと危惧されるような、そんな懐かしさと不思議さを兼ね備えたお店だった。

クリックすると元のサイズで表示します

 ここもまた、賢治さんっぽい雰囲気が漂っている。

クリックすると元のサイズで表示します

 向いには光原社「モーリオ」というお店があり、岩手の食品や工芸品が販売されている。「可否館」の定番「くるみクッキー」や、わんこ蕎麦用の短めの蕎麦、南部鉄器やザルやカゴなど。

クリックすると元のサイズで表示します

私はせっかくなので、漆塗りのお箸を購入。嵩張らないし。今回は、小さいものばかり買ってる。

クリックすると元のサイズで表示します

 「モーリオ」の外には、落ち葉とともに、楽しげな賢治さんが一服中でした。

クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ