2016/10/31

男鹿に到着。  おでかけ

 まさかの絶不調に陥りながらも、駅のロッカー(秋田から男鹿への片道運賃ほど高額だったので、一瞬持参で行くか考えたほど・汗)にキャリーバッグを預け、男鹿行きの電車を待つ。身体は不調でも気持ちは長年のあこがれの人(?)に、やっと会えるね♡という期待でワクワク♪♪

クリックすると元のサイズで表示します

 使い込まれたローカル感が、善き哉。

クリックすると元のサイズで表示します

 一人旅にはうれしい座席仕様の電車だった。ちょっとレトロで懐かしい感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

 北に来ました!という旅情に浸る風景。遠くには風力発電の風車が見える。

クリックすると元のサイズで表示します

 1時間ばかりで男鹿駅に到着。いかにも小さなローカルの駅だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 バックが海だと、「なまはげ」というよりは能登半島の御陣乗太鼓(ごじんじょだいこ)みたいに見える。そういえば東北では、JRの駅名看板をフルに活用していたな。

クリックすると元のサイズで表示します

 あっ、この模様はなかった方が、よかったかも。

クリックすると元のサイズで表示します

 でも機械化されず、駅員さんがキップをチェックするシステムなんだ。私の子どもの頃、すなわち高度成長期の田舎の風景が、そのまま残っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 とはいえ、男鹿は「なまはげ」ひとり(2人組だったが)の肩にずっしりと、現在と未来をたくしていたのだった。その後、賑やかな秋田駅にいたら判らない、地方の疲弊ぶりを見せつけられる事になる。

クリックすると元のサイズで表示します

 なぜか「なまはげ」=石造りの荒々しい家、というイメージを地元の方が持っているのか、駅舎はこんな感じ。「なまはげ館」はもっと荒々しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

 彼等の肩には、「男鹿」がずっしりとのしかかっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 たまたま私の行った場所が「真山」エリアという、なまはげ中心部だったので、そう感じただけならいいのだけど。

クリックすると元のサイズで表示します

 だからマンホールも絶対「なまはげ」と思っていたら、椿だった。

クリックすると元のサイズで表示します

 男鹿市の能登山は(日本海側では)ツバキ自生北限地帯として国指定の天然記念物になっているらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

 観光協会近くの、線路を渡る歩道橋がかっこいい。たぶん高齢者が多い地域に思えるので、お年寄りにはコクかもしれないから、エスカレーターにしてほしいところかも。

クリックすると元のサイズで表示します

 男鹿の駅前情報前編はここまで。(えっ、後編も!?) 
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ