2013/4/19

薬剤師の収入について  

薬剤師の収入について興味深い情報を得ました。
もし薬剤師で働きたいと考えている人は記事を読みすすめて欲しいと思います。

薬剤師の年収は比較的高いのはみなさんご存知でしょう。
医療関係の仕事はどれにも共通して言えることですが、人の命を預かっているということで、その分責任が重いです。

たくさんの知識を身につけなくてはいけないこともあり、収入は比較的高くなっています。

では、勤め先によってどのくらい変わるものなのでしょうか。
薬剤師が主に働く現場のドラッグストア、調剤薬局、病院、製薬会社の4つに分けて考えてみます。(35歳〜40歳くらいの平均収入順です。)

1位 製薬会社
2位 ドラッグストア
3位 調剤薬局、病院


これはあくまで平均の年収順であって、企業の意向や給料体形によって変わってきます。
あくまで目安としてお考え下さい。

どの薬剤師にも平均して言えることですが、
最低年収が400万だということです。
この数字を切っている薬剤師はほとんどいません。


薬剤師は資格取得までとても大変です。
その分なってからは快適な生活ができるということを励みに就職活動に励んで欲しいと思います。
0

2013/4/12

多様化する看護師の勤務場所。  

病院以外で看護師が働く先として上げられるのが、訪問看護やデイケア、有料老人ホームが挙げられます。
高齢化社会で、家庭では老人が老人を自宅で介護するという状況が増えてきていて、自宅で介護をするには限界になってきている家庭が増えてきていることからこのような介護施設が増えてきています。
介護施設の増加に伴って、看護師の職場も病院以外に勤めるなど多種多様化してきています。

看護師の病院以外の求人図鑑 | 病院以外の看護師求人探しをナビゲートでは、最近の看護師の勤務形態について詳しくのっているので参考にしてみるのもいいと思います。

また、全国保育園保健師看護師連絡会に所属して、保育園に勤務する看護師さんも増えています。
夫婦共働きの世帯が増えていることから、保育園の長時間預かりや24時間預かりなどがあることから、子供の急な病気などに対応できる人材を求めているからです。
保育士では対応できないことでも、看護師では対応が出来ますし、預ける親から見ても看護師がいることで安心して預けてもらうことが出来ます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ