2011/11/24

不安神経症の改善法を知りたいと思いませんか  治療法

高い所にいることを想像しただけで気が滅入る者もいれば、高所で作業している人間を見ただけで気分が悪くなる者もいるという。嘔吐心配症は、万が一体調不良によって吐き気に襲われても、恐怖心が勝って吐くことができない(無理やり我慢する)場合が多い。高所心配症(こうしょきょうふしょう)は、恐怖症のひとつ。薬物療法ではSSRIを使った治療が効果的であるといわれている。


人体ではおよそ12時間交代でこの二つの神経の優位が入れ替わるとされている。疾患名ではなく「神経症や欝病に付随する各種徴候を総称したもの」というのが一般的な国際的理解である。内科で自律神経失調症と診断された場合は心療内科・精神科などでカウンセリング・投薬治療を受けることを勧められている。夜更かしやストレスなどで脳を休める時間が減ると自律神経が興奮し、結果的に交感神経と副交感神経の優位入れ替わりのバランスが崩れ、自律神経失調症となる。


「心理的誘因が明確でない内因性抑欝症」「心理的誘因が特定できる心因性うつ」の二分法。うつ病の症状の一つに、将来を悲観してしまうことがある。治療開始の時点では、自殺の危険性が高い重症例であるか否かがまず評価され、自殺の危険性が高い重症例では、入院治療が必要となる。


広場恐怖の進展とともに、患者の生活の障害は強まり、社会的役割を果たせなくなっていく。ヒトの脳には無数の神経細胞(ニューロン)があり、その間を情報が伝わることで、運動、知覚、感情、自律神経などの働きが起きる。


上手く話せず、それでもよい友達に巡り会えたから必死で耐えている、というように、自閉度が中度?重度なこともある。支援団体や一部の専門家は「アスペルガー障害そのものが犯罪に直結することは決して無い」と強く主張している。症候群という表現は、アスペルガー障害の人は障害者(異常)で、その他の者は定型発達者(正常)というように感じる。


外出や就寝の際に、家の鍵やガスの元栓、窓を閉めたか等が気になり、何度も戻ってきては執拗に確認する。強迫行為(きょうはくこうい)とは、不快な存在である強迫観念を打ち消したり、振り払うための行為。
アスペルガーのコミュニケーション苦手の原因はほかにある
熟年離婚慰謝料とうつ病 | うつ病の克服


0

2011/10/13

わかりやすい広汎性発達障害とは  躁うつ病

不安を払拭するために、家族に強迫行為を手伝わせようとする場合もある。「巻き込み」と呼ばれる。強迫観念の内容によっては罪の意識を感じていることもある。強迫観念の内容の多くは普通の人にも見られるものだが、普通の人がそれを大して気にせずにいられるのに対し、不安神経症の患者の場合は、これが強く感じられたり長く続くために強い苦痛を感じている。


患者によっては、その他の徴候はあまり強く現れないにもかかわらず、ある特定の症状のみが強く表れる場合もあり、徴候は実に多岐に亘る。人間不信、情緒不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など精神的な徴候が現れることも多い。


社会恐怖は、たとえしなければならない事であっても次第に避けるようになり、日常生活に多大な影響を及ぼす点が異なる。『自殺を考えたことがある』人の割合は欝病の人よりも多く、実際周囲の人が思っている以上に患者達は悩んでいるといわれる。


概念の未整理については議論や批判があり、それを受けて2013年発行予定のDSM-Vの草案では高機能自閉症は独立した診断分類としては削除されている。アスペルガー障害は興味の対象に対する、きわめて強い、偏執的ともいえる水準での集中を伴うことがある。自分の興味のある分野に関しては他人に比べて遙かに優秀であることが誰の目にも明らかなのに、毎日の宿題にはやる気を見せない。人が口に出して言葉で言わなければ、意図していることが何かを理解できない。


長期化するにつれて、徴候が生じた時に逃れられない場面を回避して、生活範囲を限定する「広場神経症」が生じてくる。最近は心の病と考えるより、脳機能障害として扱われるようになっている。


心療内科や精神科における欝治療の主流は薬物療法。「自分には何の価値もないと感じる無価値感」「食欲がなく体重も減り、眠れなくて、いらいらしてじっとしていられない」
自律神経失調症の症状(本態型)
パニック障害の診断チェック|ストレスと心の病気


0

2010/3/8

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ