職に就く時には 人格を最優先にしないと・・・  

自分の働いている工場で問題を起こせば 自分の生活に良いことはないって 普通の心理状態なら判るはずですけど。

そして そんなことをしても 収入にしても 社会に対しても それを購入した人に対しても 何の徳にもならないという事は考えればわかることじゃないんでしょうか?

ただ 言い方は悪いんですが 近ごろ 変な人が多いみたいで 考えてわかりそうなことでも わかっていないらしく 常識外れなことをしたり SNSに写真をアップして 普通に暮らしている人ってニュースを見ていると 結構多いんじゃないかって感じますね。

本当に どうしてそんな人が増えてきているのか良く判りませんね。

こんな事件を起こせば 今後 食品製造業界では とても厳密な身体検査やビデオによる監視など余計な管理をしなくてはならないって事で ますます住みづらくなっていくようですね。

更には 採用するときにも 今より厳しいカウンセリングも必要とされる世の中になっていくようで 余計な業務が増えそうです。

もしくは 求人するときにそんな教育をしている会社から採用するようになるんでしょうか?

そうなると 求人サイトのあり方も検討されるようになるかもしれませんね。

この事件に隠れて もう一つの問題がノロウィルスによる感染なんかは 別の意味でとってもデリケートで難解な問題ですね。

保菌者が製造ラインに存在していれば 感染する可能性があるっていうことなんですね。

しかし どうやって 保菌者か保菌者でないかを確認することもとっても面倒なことですね。

それって あまりにも日本が清潔になりすぎたから 人がウイルスに弱くなっていることも考えられるみたいな感じもあるんでしょうか(ー_ー)!!



仕事探しは 在職中に転職サイトに登録したいものですね。
0

子供のアレルギー対策には ダニを100%除去したいけど…  

ある専門家は「1枚の布団に数万から数十万匹のダニが潜んでいる」と指摘する。

なので 夏の間、押し入れに仕舞い込んだままの布団は要注意でしょう。

押入れは 通気性が悪い上に 高温多湿なので ダニにとっては絶好の繁殖場所と言っても良いでしょう。

布団を取り出して使う場合は、天日干しとダニの死骸、糞の除去をしっかりと行ってからにしてほしい。

不幸にして生きたものを含めてダニに取りつかれアレルギー性の病気になった時の治療方法として 症状に対して抗アレルギー薬の内服や点鼻薬を使うほうほうがあります。

ですが 私の経験でもそうなんですけど 専門家の人も「重要なのは出来る限りアルゲンを取り除くこと」ということだと思いますね。

つまり 室内の徹底した掃除だけではなく ダニが嫌いな環境 つまりダニにとって生息しづらいように部屋の模様替えが効果的なようです。

ちなみに ダニっていうのは世界に約2万種いるといわれています。

非常に多様性に富んでいて 様々な場面で人間生活に関係していますよね。

いわゆる 言葉的には“社会のダニ”なんて言われ方をすることもありますからね。

結局 私たちが出来るのは 

朝に症状が強く表れる場合は 布団にダニがいると思っても間違いないでしょう。

全てのダニを完璧に除去をする努力をするよりも ダニの居場所を少なくするための掃除や対策をとって極力ダニが住みづらくなるような環境作りをすることが一番じゃないかなって思いますね。

ダニの除去対策には こんな方法が良いんじゃないかな・・・
0




AutoPage最新お知らせ