子供のアレルギー対策には ダニを100%除去したいけど…  

ある専門家は「1枚の布団に数万から数十万匹のダニが潜んでいる」と指摘する。

なので 夏の間、押し入れに仕舞い込んだままの布団は要注意でしょう。

押入れは 通気性が悪い上に 高温多湿なので ダニにとっては絶好の繁殖場所と言っても良いでしょう。

布団を取り出して使う場合は、天日干しとダニの死骸、糞の除去をしっかりと行ってからにしてほしい。

不幸にして生きたものを含めてダニに取りつかれアレルギー性の病気になった時の治療方法として 症状に対して抗アレルギー薬の内服や点鼻薬を使うほうほうがあります。

ですが 私の経験でもそうなんですけど 専門家の人も「重要なのは出来る限りアルゲンを取り除くこと」ということだと思いますね。

つまり 室内の徹底した掃除だけではなく ダニが嫌いな環境 つまりダニにとって生息しづらいように部屋の模様替えが効果的なようです。

ちなみに ダニっていうのは世界に約2万種いるといわれています。

非常に多様性に富んでいて 様々な場面で人間生活に関係していますよね。

いわゆる 言葉的には“社会のダニ”なんて言われ方をすることもありますからね。

結局 私たちが出来るのは 

朝に症状が強く表れる場合は 布団にダニがいると思っても間違いないでしょう。

全てのダニを完璧に除去をする努力をするよりも ダニの居場所を少なくするための掃除や対策をとって極力ダニが住みづらくなるような環境作りをすることが一番じゃないかなって思いますね。

ダニの除去対策には こんな方法が良いんじゃないかな・・・
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ