一木三躰天井画制作委員会

 
祖 師 堂 の 天 井 に 龍 神 画 を 描 く   当山の祖師堂は昭和五十七年に再建され以来、一木三躰の開運祖師像を護り伝えて参りました。このたび開山 通心院日境上人第三百五十遠忌慶讃事業として、祖師堂の天井に龍神画を描く事といたしました。祖師堂の天井は横十三メートル、縦十一メートルあり、この天井の天蓋部分を除いた場所に龍神画を描きます。完成した龍神画の大きさは西日本最大級の荘厳なものとなります。 なお、八月下旬より十月初旬にかけて、満田画伯が解脱寺客殿において龍神画を制作します。またとない機会ですので来山し制作の場をご覧下さい。なお見学は予約制となっております。 平成二十二年八月吉日    阿毘縁山 一木三躰 祖師堂 天井画制作委員会

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ