ないさんさん産婦人科

2010/9/25 
産婦人科の入院費用はどんどん値上がりしていますね。私が出産するときにはきっともっと値上がりしているのでしょう。それもそのはず、入院にかかる費用が助成されてこまる病院もあるのです。結局その分のお金は後払いということになるのですからね。病院としては直に払ってくれる患者さんの方がありがたいわけですよ。前払いとしていくらかもらう病院もあれば、先に分娩費用を払わないといけない病院もあります。出産に関する費用を踏み倒していくお母さんたちもいるということですよね。なんか悲しいですね。自分の子供に恥ずかしい思いをさせてしまうわけなんですから。って産婦人科の出産費用に関する話をいろいろしたいんですけどページが・・・・・・!!あー!!

0

完成!産婦人科!

2010/9/18 
産婦人科であらためて自分の赤ちゃんを見たんですけどかなりかわいくてびっくり。こんなにかわいかったっけ?なんて写真を撮りまくっていました。でもあとからみるとただのちんくしゃなんですよね。産婦人科で写真をとっていたのは私ともう一人のママ友さんだけだったんです。ほかはみんな出産の疲れでハイになっちゃって、写真はおとうさんにまかせて自分は何度も赤ちゃんのことを抱っこしていた、っていうような感じです。産婦人科なんて結構面白いところなんですよね。産婦人科のお母さんたちをみると、自分もこんな風に愛されて育ってきたのかなぁなんて思ってしまいます。産婦人科で出産を体験することができたのは本当にいいことだったなぁ。幸せ。
0

産婦人科で臨床研修

2010/9/12 
産婦人科ってどんなところ?と聞かれてまっさきに思い浮かぶのが、いたいところ、という私はどこかおかしいのでしょうか。どうしてこんなに産婦人科が苦手になってしまったのでしょうか。理由はもちろんいくつかあるんですけど、ここではとてもとても長くなるので言えません。どうしてなんでしょうね、ほんとつまらないことなんですけど、産婦人科に通えなくなるほど深刻な事態に発展してしまったのです。たかだかパンツを置き去りにしただけなんですけどね。ってああいってしまいました。そうなんです私はパンツを置き去りにして産婦人科の受診を終わらせた人間なのです。産婦人科ってどうしてこう恥ずかしい対象になってしまうんでしょうね。ああもう!!!

0

産婦人科まで選ぶ余地なし!

2010/9/9 
産婦人科が少なくても、産みたいとおもうお母さんはどんどん増えてきています。それなのにお金がなくて出産できないとか、不妊だとか、悲しい理由で赤ちゃんをあきらめる人もたくさんいます。産婦人科のことをもっともっと考えてほしいですよね。産婦人科だっていろいろあるけど、お金の問題で出産できないということが一番悲しいんじゃないのかなぁ。産婦人科のことを気にしなくてもいいようになりたいんです。だって産婦人科ってそんなにお母さんたちのことを考えていないんでしょ?なんて思われていても、結局はそこを選ぶしかない人たちだっているんだし。産婦人科で働くお医者さんたちのお給料をもっと多くしてあげてほしいです。だめなのかな?どうしても。
0

産婦人科での悩み

2010/9/3 
産婦人科はいったいどんなところなのでしょう。たとえば総合病院の産婦人科はちょっと殺風景です。また待ち時間もながく、3時間待ってようやく診察を受けられるような状態のところもあります。しかし、緊急事態の時(大量出血や突然の破水、赤ちゃんの異常、容態の急変)などにはとても強いです。臨機応変なトラブルの対応ができるところが安心ですね。また料金も比較的安く、お財布にやさしい出産ができることが強みです。個人院は待ち時間が短いところが多く、診察ものんびりじっくりとしてくれます。超音波のビデオをくれるところもあります。個人院の産婦人科は入院したときの料理も豪華なことがあります。それから色々な設備がきれいです。値段が高いことが欠点ですね。
0



AutoPage最新お知らせ