2011/8/10

和室のインテリア  

うちのリビングは、17畳のリビングダイニングキッチンに、

4.5畳の和室が付いています。

この和室との境に引き戸などの仕切りがないので、実質LDKの延長なんですが、

やっぱ畳はいいね☆寝転がるのも気持ちいいもんです☆


ただ、ミドセンな部屋にどう和室をつなげるかって、難しいことなんです。


和室=和のインテリアっていうのは、ナンセンス!


和室を違和感なく洋室につなげるのに、もっとも大切なのは「木の素材感」です。



欧米と日本の家具やインテリアに共通するものって、木だと思うんです。


その中でもいわゆる北欧インテリアは、和と通じるところが多くあります。


また北欧インテリアは、ミッドセンチュリーととても相性がいいんです☆


ということで、前のマンションと同様、


和室には北欧系のインテリアでまとめることに。

クリックすると元のサイズで表示します


中央に構えるソファは、unicoのアルベロ2シーターです。

丸足がカワイイ、メンズもレディスでもいける、オールマイティなソファ。

脚部が木製なので、もちろん畳との相性も抜群。


雑誌も飾れるディスプレイラックは、ディノスの通販で買ったんだけど、

これがアクタスなら4万は超えます。ディノスとかだと1万円切るからw


ライトは、北欧の代名詞、レ・クリント172Bです。

ハンドメイドの曲線のフォルムが、光を柔らかに照らしてくれます。

これまたなぜか畳との相性がイイ!!

クリックすると元のサイズで表示します


ラックの上はお気に入りの小物をまとめて。

モンステラで緑を入れて、エッフェル塔のポスターや、小物もunicoで購入。


となりのライトスタンドもガラスのシェードが気に入ってます☆


ブラインドはタチカワなんですが、和紙風の素材で、和を引き立てつつも、

ホワイトカラーで、リビングとの雰囲気をつないでいます。


ソファ左のラックには、ベビちゃんのオムツ、着替えなどをまとめて入れています。

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ