2010/9/10

ランタイムエラー対策  

Windowsシステムにおけるランタイムエラーが出ると、パソコン動作重いや、起動、またシャットダウンするには時間がかかりすぎるなどで、お困りますね。
例え新たのパソコンに買い替えましたけど、同じ状態に落ってしまうことになります(作動遅いと多数なエラー)。でも、こういうのはよくあるトラブルで一一落ち込む必要がありません。
ランタイムエラー発生されるの原因と対策法を説明します

ランタイムエラーとは?
ランタイムエラーはWindowsでよく発生するエラーの一種であります。
パソコンにアプリケーションが起動すると、ランタイムエラーが発生することがあります。プログラムの実行中によく発生します。つまり、ソフトウエアの実行することで、ランタイムエラーの発生を避けられないのです。

ランタイムエラーの原因は?

パソコンのプログラムがだんだん複雑で重くなって、PC システムにRAM不足となります。RAMの量が実行するプログラムに不足する場合、パソコンにエラーを表示されます。パソコンがフリーズしてしまいます。

レジストリ故障することで、Windowsにランタイムエラーが発生します。日々益々レジストリに記憶されたデータが肥大化するとともに、レジストリエラーが連発することになります。

ランタイムエラー修復

まず、必要とするのはレジストリクリーナーみたいにRAMを管理できるソフトウエアを使って、RAM量を上げさせ、プログラムの実行を順調にさせられることです。
たくさんのユーザーがレジストリの重要性が忘れてしまいます。とすれば、ランタイムエラーが発生する時にはベストレジストリクリーナーに助けられ、如何なるエラーを解決することが楽にできます。

 詳しい対策はレジストリクリーナーをご覧ください。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ