2013/1/14

取り外し可能な頭を持つ  


アン·ブーリンはヘンリー8世の第二の妻だった。 アラゴンのキャサリンへの彼の結婚を取消後、彼はすぐにアンと結婚した。 アンは豪華なパーティー、凝った服や宝石が好きで贅沢な女王だった。 彼女は活発な裁判所を保った時計中古。 アンはまた、プロテスタント教会の偉大な擁護者であり、ローマからイギリスの分離において重要な役割を果たした。

彼はアンと結婚したとき、ヘンリーは息子のために必死だった。

アンはすぐに1日エリザベスI世となるエリザベスを出産したが、この最初の子は流産2、両方の男の子が続いた。 この時間までに、ヘンリーは既に待機中のアンの女性の1、ジェーン·シーモアのために落ちていた。 彼は彼の新しい結婚が呪われたことを確信し、噂では​​アンが魔女と密通者であったことを循環させた。 アンは近親相姦、反逆の罪で彼女の兄ジョージと一緒に逮捕されました。 他の4人の友人だった男性やアンへのサービスには、クイーンとの姦通の罪で逮捕された。 簡単な裁判の後、アン自身の叔父が主宰し、彼女と他の男性が有罪となり死刑を宣告された。 アンはグリーンタワーに1536年5月19日に斬首された。 ヘンリー八世は、12日後にジェーン·シーモアと結婚した。 エリザベスの後、私は電源に上昇し、Annの新ロマン関心が浮上し、彼女は殉教者だと多くの人と考えられていた。 彼女の幽霊はまだロンドン塔に出没すると言われています。

Annを編むのは本当に楽しかったです。 私はいつも彼女の悲劇的な物語に魅了されてきました。 取り外し可能な頭部を作成すると、かなりの挑戦であることが判明した。 ローズのハードウェアで2時間後、UiJinと私は最終的にカスタムフィット衛生器具、磁石のシステムで構成される仕組みを構築した。 時には、私の夫は驚くほど便利です。

私の編み針で次の行にはもちろんジェーン·シーモアとなります。 私は勢いを維持できるなら、私は、私もヘンリー八世自身編むかもしれないと信じる! 私は全体のシリーズが終了するまでと疑問に思っているあなたのそれらのために、私は基本的な人形のためのパターンを解放することを計画したが、おそらくしていない。

Uggのブーツは、通常、ブーツの他の種類の中からユニークな垣間見ることがあります。 それは実際にそれが群衆の内側に目立つこの独特の片鱗です。 式のUggのは本当に醜いためのショットです。 したがって、単純な事実でuggのブーツは見苦しいブートを意味した。 しかし、これらの日これらのブーツは不快とみなされなくなりました、それらがさらにスタイル業界の最もファッショナブルでぴったり靴との1として考えています。 ただより高いかかとのペアで波状地形でマイルを歩いて想像してみてください! 何が結果でしょうか?

Uggのブーツは、通常、ブーツの他の種類の中からユニークな垣間見ることがあります。 それは実際にそれが群衆の内側に目立つこの独特の片鱗です。 式のUggのは本当に醜いためのショットです。 したがって、単純な事実でuggのブーツは見苦しいブートを意味した。 しかし、これらの日これらのブーツは不快とみなされなくなりました、それらがさらにスタイル業界の最もファッショナブルでぴったり靴との1として考えています。 ただより高いかかとのペアで波状地形でマイルを歩いて想像してみてください! 何が結果であろう?
0

2013/1/10

uhusf  



Woodのプライベートブログ

まず男性の性は、生物的に性欲中心な部分は否めません。でも、浮気や風俗云々は人や性格、生い立ちによる&遺伝子によるようです。(一途とか以前の段階で性欲が強くても、風俗や浮気に興味は皆無な男性や潔癖症な男性もいます。)

正直なところ、風俗や浮気に走る男性が多数派だと思います。持久力だのテクだの大きさだの経験だのを自慢する男性も少なくありませんし時計ブランド、風俗とか行かない男性ですら性的にけなされると凹むと思います(笑)オスの本能ですねまた、結婚してからの風俗や本命がいるのに浮気等のパートナーに飽きる?現象は生物的なもののようです。風俗嬢さんの話で「奥様が妊娠中に風俗を利用する男性は案外多い」という話を聞いたこともありますよ。他のエピソードでは、男性は悲しいかな同じ女性と2度目のHをする時より、その場に新しい女性を投入したほうが性的な体力の回復も格段に早いという結果があるそうですパートナーの前ではあけっぴろげにできない性癖とか好みの女の子とかも楽しめますし、多少お金かかってもご飯食べるのと同じように我慢出来ない事柄なのかもしれませんね。風俗は、種類も色々ありますし中には生だの本番だの後ろも使うだのと色々あるようです。店によって性病の管理はしているといっても、限界がある&不特定多数の性を共有する事実は変わりありません。風俗に行く人は、その返も踏まえて自分を大事にしてくれる人だと良いのですが・・・残念ながら、曖昧にする人のほうが多いようです検査に行ってない=病気になったことがないなんて、どこで判断するのでしょうか。本人に自覚症状が無くても病気は移ったり発症しますし、女性にも自覚症状が無いけど不妊になる病気もあります。避妊具ゴムを着用してもケジラミとかは移ることもあるようですし、他の方が回答してみえるように口とかに感染するものも・・・風俗にハマる人によっては、自分中心に性や交際を考えてしまう癖がつく人もいます。風俗店は、お客様をもてなすところですから・・・たとえ社交辞令でも悪い気はしないでしょうし、気楽に好きなことだけできる手軽さもあるでしょう。それに慣れると、恋愛や結婚は一つの人間関係で色々つきまといますからそれなりの覚悟がいります。しかも、風俗は基本万飛ぶことが多い(安いところもあれば、数万かかるとこも!)と思うので、費用がかさむみ捻出しなければならないのではと思います(爆)女性からしたら、良いこと無しに感じることが多いでしょうさて、ちょっと話は逸れますが・・・女性も考えてみるべき部分があると思います。男性の性を否定するのは簡単かつ仕方ないことです。女性の本能故の不安から来るものですから。男性も女性も本能の部分を他人に制限されるのは辛いと思います・・・パートナーと自分は、性の部分でも二人で一緒に歩めているでしょうか。男性を夢中にさせるものはなんでしょうか。逆に興味をなくさせるのは何故でしょうか。自分も相手も喜ぶHができているでしょうか。変に常識や責任という言葉で価値観を束縛しあってはいないでしょうか男性は、特定の女性とずっと過ごすとメスとしての認識は薄れるようです。でも、女性は時間が経ってから愛情が深まるとかこの差は仕方無いと思うので、互いが自分の性や欲求、愛だの責任だのを押し付け合ううちは風俗をやめることは無いのでは・・・と思います。もっと言うと、彼女と別れても男性は風俗を辞めない率が高いです(爆。男性が耳を傾けてくれない間は、二人の恋愛の温度差があるうちかもしませんね※だたし、度を超えた無責任&自己中男性は論外。こちらが折れるべきとこで無い部分は折れなくて良いと思いますたまに思うんです。男性によっては性的なはけ口や楽しみだけで風俗に行ってる人もいると思いますが、なかには心地よい言葉に甘えたい時があるけれど甘えられない&軽いノリで話せないプレッシャーと常に闘ってる男性特有の大変さがあるのでは無いか、と。男性も人間ですし、プライドや虚栄を張るかと思いきや、実はロマンチストだったり繊細だったりするなぁって女性は男性より生物的にハッキリしていて強い部分も多いなぁって。けど、本当は頑張ってるだけで弱いところもある生き物。だから、お互いが凸凹を補い合えたらいいのになぁ・・・って目先の将来など色々不安になることもあると思いますが、諦めず一緒に歩むうちに”ただのオス”から”一人前の男”として成長する男性もいると思うので気落ちしないでくださいね!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ